ODAとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 時事用語 > ODAの意味・解説 

オー ディー エー 【 ODA 】 〔Official Development Assistance〕

政府開発援助せいふかいはつえんじよ

ODA


政府開発援助(せいふかいはつえんじょ)(Official Development Assistance; ODA)

日本から発展途上国政府通じて行う援助のこと

経済開発福祉の向上に役立つことを主な目的として、発展途上国政府通じて資金贈与貸し出し円借款)などを行う。英語表記頭文字取って、単にODAともいう。

円借款では、貸し出し金利返済期限といった条件緩く、ほとんど贈与に近い形で供与されていることが多い。これらODAの資金は、道路といった社会基盤インフラ)の整備に使われるほか、学校病院などの運営にもあてられている。

日本からのODAは、インドネシア中国インドなどアジア諸国中心。特に、東アジア向けのものが半数占めている。

経済財政悪化背景に、日本のODA予算1998年以降減少している。ODAの使いみちに対す厳しチェックが行われた結果2002年度の予算において、前年度比1割減という大幅削減実現した。

(2003.07.07更新


ODA

読み方オー・ディー・エー
英文正式名Official Development Assistance
日本名(略称):政府開発援助

以下の3条件全て満たす資金流れのこと。①政府ないし政府実施機関によって供与されるものであること。②開発途上国経済開発福祉促進寄与することを主たる目的として供与されること。③援助条件緩和されたものであり、グラント・エレメントGE)25%以上であること。

※この記事は「財務省」ホームページ内の「国際関係略語集」の2008年10月現在の情報を転載しております。

4,4′‐オキシビスアニリン

分子式C12H12N2O
その他の名称:ジアミノジフェニルエーテル、DADPE、Diaminodiphenyl ether、NCI-C-50146、4,4'-DADPE、4,4'-Oxybisbenzenamine、p,p'-Oxydianiline、4,4'-Oxybisaniline、4,4'-ジアミノジフェニルエーテル、4,4'-Oxydi(aniline)、4,4'-Diaminodiphenyl ether、ODA、4,4'-Oxybis(aniline)、4,4'-Oxydianiline、4,4'-Oxybis(benzenamine)、4,4'-ODA、Oxybis(1,4-phenylene)diamine、Oxybis(p-phenylene)diamineDi(4-aminophenyl) etherBis(4-aminophenyl) etherBis(4-aminophenyl) oxide
体系名:ジ(4-アミノフェニル)エーテルビス(4-アミノフェニル)オキシドビス(4-アミノフェニル)エーテル、4,4'-オキシビス(アニリン)、4,4'-オキシビス(ベンゼンアミン)、4,4'-オキシジアニリン、p,p'-オキシジアニリン、4,4'-オキシビスアニリン、4,4'-オキシビスベンゼンアミン、4,4'-オキシジ(アニリン)、オキシビス(1,4-フェニレン)ジアミン、オキシビス(p-フェニレン)ジアミン


Oda

名前 オーダ

政府開発援助

(ODA から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/24 08:16 UTC 版)

政府開発援助(せいふかいはつえんじょ、英語: Official Development Assistance, ODA)とは、発展途上国の経済発展や福祉の向上のために先進工業国政府及び政府機関発展途上国に対して行う援助出資のことである。


  1. ^ a b OECD, "DAC Members' Net Official Development Assistance in 2009", 2011-08-06
  2. ^ 国際貢献のイリュージョン”. Virgil Hawkins, Global News View (GNV). 2019年5月29日閲覧。
  3. ^ OECD, Aid statistics: Statistics on resource flows to developing countries.
  4. ^ 小川秀樹(2007)「世界のODAの趨勢と日本」『立法と調査』266
  5. ^ 中華人民共和国国別データブック(国際協力機構公式サイト p54)
  6. ^ 李肇星外相「中国国民は自分の智恵、力と決意で、国を発展させて行くことができる。もちろん、友人からの助けに感謝しています」2004年東南アジア諸国連合会議でのインタビュー
    武大偉外務次官「日本が供与してきた政府開発援助に感謝しています。」新華社2004年11月31日[要検証]
  7. ^ 丹羽大使の対中ODA増額要求 経済・軍事大国への支援 国民理解は困難 (1/2ページ) - MSN産経ニュース Archived 2010年12月22日, at the Wayback Machine.
  8. ^ http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101219/plc1012190129002-n1.htm Archived 2010年12月20日, at the Wayback Machine.
  9. ^ “中国へのODA終了へ 40年で3兆円、近代化支える”. 朝日新聞. (2018年10月23日). https://www.asahi.com/sp/articles/ASLBR33GYLBRUTFK004.html 2018年10月23日閲覧。 
  10. ^ “政府、対中ODAを終了へ 第三国支援で会議新設”. 日本経済新聞. (2018年10月23日). https://r.nikkei.com/article/DGXMZO36797300T21C18A0MM0000 2018年10月23日閲覧。 
  11. ^ 対中国ODAに関する基礎資料
  12. ^ a b 2012年版 政府開発援助(ODA)白書 日本の国際協力 p.193
  13. ^ ODAの定義(英語版)、OECD。
  14. ^ 日本が比軍に自衛隊機を貸与へ、ロイター(2016年5月2日)
  15. ^ 渡辺利夫、三浦有史『ODA(政府開発援助)』中公新書(2003)、36頁、108頁、151頁
  16. ^ 草野厚『日本はなぜ地球の裏側まで援助するのか』朝日新書(2007)、60頁
  17. ^ a b 荒木光弥 (2011年6月13日). “「恩義を返される国」が揺らいでいる 大震災で「好意のリアクション」が起きたわけ”. 日経ビジネス (日経BP). http://business.nikkeibp.co.jp/article/world/20110609/220634/?P=1 2017年1月31日閲覧。 
  18. ^ 草野厚『ODAの現場で考えたこと』NHKブックス(2010)、221頁
  19. ^ [1]
  20. ^ http://www.mofa.go.jp/mofaj/press/release/h19/10/1175721_814.html
  21. ^ 草野厚『日本はなぜ地球の裏側まで援助するのか』朝日新書(2007)、71頁
  22. ^ がんばれ日本!世界は日本と共にある
  23. ^ みずほ総合研究所アジア調査部長・平塚宏和「東日本大震災後の日本とアジアの関係-難局が生んだ連帯感を絶やすべきでない-」
  24. ^ a b 第3回国家戦略会議議事要旨
  25. ^ a b 日本再生の基本戦略~危機の克服とフロンティアへの挑戦~
  26. ^ 第1回国家戦略会議議事要旨 - 6頁




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ODA」の関連用語

ODAのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ODAのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2020 時事用語のABC All Rights Reserved.
※この記事は「財務省」ホームページ内の「国際関係略語集」の2008年10月現在の情報を転載しております。
独立行政法人科学技術振興機構独立行政法人科学技術振興機構
All Rights Reserved, Copyright © Japan Science and Technology Agency
日本国際保健医療学会日本国際保健医療学会
Copyright (C) by Japan Association for International Health. All rights reserved,2020.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの政府開発援助 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS