鯉口を切るとは?

Weblio 辞書 > 成句の検索 > 慣用句 > 動物 > > 鯉口を切るの意味・解説 

鯉口を切る

読み方:こいくちをきる

刀を鞘からわずかに抜き緩めるさま、鞘に収まった刀をすぐ抜刀できるようにしておくことなどを意味する表現いざという時備え構えをとる、臨戦体制に入る、といった意味で用いられることもある。

鯉口(こいぐち)を切(き)・る

すぐに刀が抜けるように、刃を少し引き出しておく。鯉口くつろげる

「刀を引き寄せ、―・って見せた」〈藤村夜明け前


鯉口を切る

出典:『Wiktionary』 (2013/12/01 08:54 UTC 版)

慣用句

鯉口こいぐち切る

  1. いつでも抜刀できるよう刀に手をかけること。刀の鞘が口のような楕円形をしていることに由来する。



鯉口を切ると同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「鯉口を切る」の関連用語

鯉口を切るのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



鯉口を切るのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの鯉口を切る (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS