風狂とは?

ふう きょう -きやう [0][1] 【風狂】

( 名 ) スル
精神平衡を失っていること。また、その人
風雅にひたりきること。 「此の中、産を破りて-し、家を忘れ放蕩せるもあり/近世畸人伝

ふうきょう 【風狂】

もと精神病者瘋癲など)を意味する語だったが、のち世俗反発批判的態度狂態を演じることをいった。またその人中国では寒山・拾得などにその要素見られ日本では僧増賀や一休が有名。

風狂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/11 13:58 UTC 版)

風狂(ふうきょう)は、中国の仏教、特に禅宗において重要視される、仏教本来の常軌(戒律など)を逸した行動を、本来は破戒として否定的にとり得るものを、その悟りの境涯を現したものとして肯定的に評価した用語である。禅宗とともに日本にも伝わり、一休宗純がその代表者である。




「風狂」の続きの解説一覧



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「風狂」の関連用語

風狂のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



風狂のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
中経出版中経出版
Copyright (C) 2019 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの風狂 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS