人工甘味料とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 調味料 > > 人工甘味料の意味・解説 

じんこう‐かんみりょう〔‐カンミレウ〕【人工甘味料】

天然には存在せず、人工的合成して作った甘味料食品衛生法によって規定される。アスパルテームスクラロースなどが知られる。合成甘味料


甘味料

(人工甘味料 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/06 06:41 UTC 版)

甘味料(かんみりょう、Sweetener)とは、食品甘みをつけるために使われる調味料である。日本の食品衛生法による食品の表示にあっては食品添加物に区分される。砂糖以外の甘味料は、第二次世界大戦中や終戦直後の砂糖不足の時代には、単に砂糖の代わりの代替甘味料という位置付けであったが、その後の食生活の変化などにより、最近ではその使用目的が、低カロリー、低う蝕性(虫歯になりにくい性質)、腸内環境の改善などへと多様化してきている[1]




  1. ^ 砂糖以外の甘味料について
  2. ^ 「代用甘味料の利用法」『e-ヘルスネット』 厚生労働省、2010年10月31日閲覧。(アーカイブ版)
  3. ^ 奥恒行、「低エネルギー糖質甘味料・エリスリトールの体内代謝と食品への応用」 『栄養学雑誌』 1998年 56巻 4号 p.189-198, doi:10.5264/eiyogakuzashi.56.189, 日本栄養改善学会
  4. ^ https://sugar.alic.go.jp/japan/fromalic/fa_0707c.htm
  5. ^ 長谷川夕希子、中神朋子、「人工甘味料は腸内細菌叢を変化させ耐糖能を悪化させる」 『糖尿病診療マスター』 ISSN 1347-8176, doi:10.11477/mf.1415200061
  6. ^ サッカリン含有人工甘味料は腸内細菌叢を変化させ耐糖能異常を起こしうる : 一人抄読会
  7. ^ 八幡紋子、「人工甘味料が引き起こす血糖コントロール不全」 『ファルマシア』 2015年 51巻 6号 p.582, doi:10.14894/faruawpsj.51.6_582, 日本薬学会
  8. ^ この三種の中では、サッカリンによる耐糖能異常の作用が最も強かった(順としては、サッカリン、スクラロース、アスパルテームの順)。(Artificial sweeteners induce glucose intolerance by altering the gut microbiota. Suez J, Korem T, Zeevi D, Zilberman-Schapira G, Thaiss CA, Maza O, Israeli D, Zmora N, Gilad S, Weinberger A, Kuperman Y, Harmelin A, Kolodkin-Gal I, Shapiro H, Halpern Z, Segal E, Elinav E. Nature. 2014 Oct 9;514(7521):181-6.より)
  9. ^ 奥恒行、「難消化吸収性糖質の消化・発酵・吸収ならびに許容量に関する研究」『日本栄養・食糧学会誌』 2005年 58巻 6号 p.337-342, doi:10.4327/jsnfs.58.337


「甘味料」の続きの解説一覧



人工甘味料と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「人工甘味料」の関連用語

人工甘味料のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



人工甘味料のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの甘味料 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS