人工現実感とは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > 人工現実感の意味・解説 

アーティフィシャルリアリティ

別名:人工現実,人工現実感
【英】Artificial Reality, AR

アーティフィシャルリアリティとは、コンピュータセンサー五感対す各種表示装置等を駆使することによって得られる、人工的構成された現実感のことである。

この用語は、マイロン・クルーガ(Myron Krueger)が、1974年発表した博士論文起源とし、1983年出版した『Artificial Reality』という書籍によって世の中に知られるようになったAR表記されることもある。

現実感のあるメディアとして、視覚聴覚などの複数感覚活用するメディア存在している。アーティフィシャルリアリティは、このような感覚の種類という側面加えてユーザーから対象への働きかけに対してフィードバックが得られるようなシステム構成することにより、よりリアルな、あるいは、全く別のメディア作ることができることを示した。

当初は、インタラクティブアート側面から語られていたが、現在では、バーチャルリアリティ仮想現実)と融合した意味で用いられることが多い。また、アート以外にも、ゲームやユーザーインターフェースなどの分野とも深い関わりがあり、SF映画などのテーマとして多く登場例がある。

高度な人工現実実現のための高速演算装置視覚効果のための3次元表示装置対話型操作実現するための触覚センサー位置センサー加速度センサー圧力センサーネットワークなどの各種デバイスもちろんのこと、これらを制御するソフトウエアシステムがフル活用される。

アーティフィシャルリアリティには、実際に存在しないものが人工的構成され、実際にそこにあるかのように感じられる。また、自分あたかもそこにいるかのような没入感があるといった特徴がある。さらに、単なる現実シミュレーションではなく現実情報人工情報遠隔地情報などが合成された世界や、全く別の現実人工的創造しようという試みもある。実用面では、人工現実支援による医療遠隔手術身体内部映像合成による医療支援等)、災害復旧(危険地域において復旧作業ロボット遠隔地から操作)などへのさまざまな応用考えられている。

先端技術のほかの用語一覧
ナノテクノロジー:  単層カーボンナノチューブ  電子顕微鏡
バーチャルリアリティー:  ARメガネ  アーティフィシャルリアリティ  プレゼンス技術  フォースフィードバック  フローティングタッチディスプレイ

バーチャル・リアリティ

(人工現実感 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/08 06:39 UTC 版)

バーチャル・リアリティ: virtual reality)とは、現物・実物(オリジナル)ではないが機能としての本質は同じであるような環境を、ユーザの五感を含む感覚を刺激することにより理工学的に作り出す技術およびその体系。略語としてVRとも。日本語では「人工現実感」あるいは「仮想現実」とされる(#「仮想現実」という訳語について)。古くは小説や絵画、演劇やテレビなども、程度の差こそあれVRとしての機能を有している[1]




  1. ^ 高橋幸治のデジタルカルチャー斜め読み ― 第22回 VRが盛り上がり始めると現実に疑問を抱かざるをえない”. 2016年5月11日閲覧。
  2. ^ VRとは - IT用語辞典”. 2016年5月11日閲覧。
  3. ^ 「VR=仮想現実」ではない? VRの“第2次ブーム”で世界はどう変わる (1/3)”. 2016年5月11日閲覧。
  4. ^ Pygmalion's Spectacles”. Project Gutenberg. 2014年9月21日閲覧。
  5. ^ Sutherland, I.E.. “The Ultimate Display”. Proc. IFIP 65 (2): 506-508, 582-583. 
  6. ^ 知覚的リアリティの科学 (2)バーチャルリアリティ――リアリティをつくり,変える技術”. 2016年5月11日閲覧。
  7. ^ Cruz-Neira, C.; Sandin, D.J., and DeFanti, T.A. (August 1993). “Surround-Screen Projection-Based Virtual Reality: The Design and Implementation of the CAVE”. Proceedings of SIGGRAPH '93 Computer Graphics Conference. SIGGRAPH '93 Computer Graphics Conference. ACM SIGGRAPH. pp. pp. 135-142. http://www.evl.uic.edu/EVL/RESEARCH/PAPERS/CRUZ/sig93.paper.html 
  8. ^ さよならCABINシンポジウム(2012年12月18日火)
  9. ^ 株式会社VRテクノセンター
  10. ^ COSMOS
  11. ^ HMDがダメだといわれた時代 - CABIN誕生
  12. ^ PSVRを機に振り返るVR・立体視ゲームの歴史(その2)”. 2017年1月13日閲覧。
  13. ^ 西田宗千佳のRandomTracking 特別編:「バーチャルリアリティー」の歴史を俯瞰する 全ては1960年代から。「Oculus」の衝撃とその未来”. 2016年5月11日閲覧。
  14. ^ 石井英男の「週刊Gear VR」(第1回): 据え置き機と遜色なし! 「GALAXY×Gear VR」で気軽に楽しめる“VR”の世界 (1/3)”. 2016年5月11日閲覧。
  15. ^ 西田宗千佳のRandomTracking PC一体型HMDも登場。“VRに本気”のAMDが示す「スマホの次は没入感の時代」”. 2016年5月11日閲覧。
  16. ^ ニュースでよく見る「バーチャルリアリティ」ってどんなもの?”. 2016年5月11日閲覧。
  17. ^ Access Accepted第496回: VRゲーム市場は立ち上がるか?”. 2016年5月11日閲覧。
  18. ^ プロダクション・アイジーが手がけたVR作品がベネチア国際映画祭VR部門から正式招待
  19. ^ REALIVE360公式サイト
  20. ^ VR 酔い対策の事例”. 2016年5月11日閲覧。
  21. '^ Antonin Artaud, "The Alchemical Theater", in The Theater and its Double, trans. Mary Caroline Richards, New York: Grove Press, 1958, p. 49, emphasis in original. See also Samuel Weber, "'The Virtual Reality of Theater': Antonin Artaud", in Theatricality as Medium, New York: Fordham University Press, 2004, pp. 277-94.
  22. ^ Savage, Emily (2010-10-20). "Renaissance man: Berkeley resident is a musician, a Web guru and the father of virtual reality". j. the Jewish news weekly of Northern California. Archived from the original on 2011-03-06.
  23. ^ Appleyard, Bryan (2010-01-17). "Jaron Lanier: The father of virtual reality". The Sunday Times. Archived from the original on 2011-03-06.
  24. ^ 舘 暲 (12 2005). “第10回を記念する新字(ばーちゃる)の提案”. 日本バーチャルリアリティ学会誌 10 (4): pp. 18-19. http://files.tachilab.org/publications/review/tachi200512JVRSJ.pdf. 
  25. ^ 日本バーチャルリアリティ学会第11回大会 大会長挨拶”. 2007年11月24日閲覧。
  26. ^ バーチャルリアリティ学. 日本バーチャルリアリティ学会. (2011). 
  27. ^ VRヘッドセットOculus Riftがまた大幅値下げ。Touchセットで5万円、半年前の半額以下”. 2017年7月12日閲覧。
  28. ^ 不二門尚 (2012). “小児の両眼視と3D”. 日本視能訓練士協会誌 41: 19-25. 
  29. ^ VRによる斜視リスクに“企業はどう対策しているのか”を聞いた
  30. ^ 健康のためのご注意
  31. ^ VR酔いを防ぐにはどうしたらいいのか?
  32. ^ サイゲームス社長・渡邊耕一氏が『M∀RS』を語る! 「いまのサイゲームスがあるのは『ANUBIS』を遊んだおかげ」 - [ファミ通]
  33. ^ 高価格帯VRヘッドセット、普及が足踏み
  34. ^ VRヘッドセット、なぜ売れないのか
  35. ^ 中国VRスタートアップの9割が倒産 中国のVR産業は崩壊するのか?


「バーチャル・リアリティ」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「人工現実感」の関連用語

人工現実感のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



人工現実感のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリアーティフィシャルリアリティの記事を利用しております。
日本オペレーションズ・リサーチ学会日本オペレーションズ・リサーチ学会
Copyright (C) 2020 (社)日本オペレーションズ・リサーチ学会 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのバーチャル・リアリティ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS