臨床的側面とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 医療 > 臨床 > 臨床的側面の意味・解説 

臨床的側面

骨折 骨折直後患者骨折部位激痛感じその部位を使うことができない骨片たがいにずれている状況ならば、体表ないし骨表面輪郭変形伴いやすい。その場合変形程度骨片占め位置などは、原因外力影響ばかりでなく、骨片付着している諸筋の牽引作用にも依存する。人体付き方も変形影響をあたえるであろう場合によっては、例え腸骨では、骨折に伴う変形が起きにくい(腸骨内・外面ともに広範囲が筋の付着部位なので、骨片添え木当てられたように移動できない)。反対に大腿骨頚骨折は相当な変形もたらす強大な大腿筋による遠位骨折の上牽引下肢全体短縮を招く)、これも非常に強力な外施筋群による遠位骨片の外施(足のつま先外側に向くようになる)が起きるためである。骨折時にはかなりの量の出血骨片間、周囲軟部組織などに起こる。骨折治癒過程では、骨膜からの線維芽細胞骨芽細胞新生血管が重要な役割を果たす。  クル病 この病気成長しつつある骨における軟骨部分へのカルシウム沈着阻害される。すなわち、軟骨細胞増大続けるために軟骨領域過剰となり、骨端軟骨板の開大もこれに伴う。骨は強度が不十分であるから圧力に応じ弯曲する。その結果肋骨軟骨連結部の隆起下肢成長弯曲前頭骨突出骨盤変形などが生じる。 骨端軟骨板異常 骨端軟骨板は成長期の骨において、骨の長さ増大もたらすために重要である。この場所をしめる硝子軟骨外傷感染食事運動内分泌障害などによる悪影響を受ければ、骨変形や骨機能不全来す例え大腿骨では、過度荷重機械ストレスのために近位骨端軟骨板が滑脱してしまうことがある骨端軟骨板への過大血流供給感染あるいは腫瘍存在により起きるもの)が、四肢長さを異常に増加させることもある。骨端軟骨板への血流外傷後に不足する状態が続けば、四肢は短くなる。





臨床的側面と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「臨床的側面」の関連用語

臨床的側面のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

上顎骨

前頭骨

脛骨

骨盤

手の骨

大腿骨

脊柱

頭蓋





臨床的側面のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
船戸和弥のホームページ船戸和弥のホームページ
Copyright (C) 2017 船戸和弥のホームページ All rights reserved.

©2017 Weblio RSS