陰性反応とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 保健 > 反応 > 陰性反応の意味・解説 

陰性反応

読み方:いんせいはんのう

陰性反応とは、陰性反応の意味

陰性反応とは、生化学細菌学などの知見に基づいた医学検査などで、病毒などの刺激に対して反応見られないこと。例えば、インフルエンザ検査陰性だった場合は「感染ていない」ことを示す。対義語として「陽性反応」があり、検査結果陽性陰性どっちの言葉かで表現される。ただし感染していても陰性反応が出る場合もあり、検査精度を示す的中率的中度が重要である。陰性的中率が0.01%の検査で陰性反応が出た場合、その病気かかっていない確率は非常に高い。

陰性反応の判定が出る検査

陰性反応、陽性反応といった判定が出る検査としては、インフルエンザ検査をはじめ、妊娠検査ツベルクリン反応検査、そしてHIV風疹などの各種抗体検査が挙げられる。「陰性」の語義は「消極的」「反応がない」「何も見つからない」ことを意味し、陰性反応は検査結果に対し、反応が「ない」ことを表す言葉である。インフルエンザ検査では「感染ていない」ことを示し妊娠検査では「妊娠ていない」こと、各種抗体検査では「抗体がない」ことを示す。ただし、検査結果陰性であっても感染しているなど、真に陽性であることがある。これを偽陰性と呼ぶ。対となる表現偽陽性があり、どちらも検査結果真の状態が異な場合を表す。検査結果信頼できるかどうか的中率で示せ、検査結果陰性である場合真の陰性である確率が高い場合陰性的中率が高いと表現する。検査結果が真であるかどうか的中率で表すことができ、陰性的中率真陰性の数や検査陰性の数で計算可能である。


いんせい‐はんのう〔‐ハンオウ〕【陰性反応】

生化学的、細菌学診断所見で、病毒の存在を示す反応がみられないこと。⇔陽性反応




陰性反応と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「陰性反応」の関連用語

陰性反応のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



陰性反応のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2020 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2020 Weblio RSS