衆人に訴える論証とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 衆人に訴える論証の意味・解説 

衆人に訴える論証

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/13 18:50 UTC 版)

衆人に訴える論証(しゅうじんにうったえるろんしょう、: argumentum ad populum)とは、論理学における誤謬の一種であり、多くの人々が信じている、支持している、属している等の理由で、ある命題を真であると論証結論付けること。多数論証多数派論証[1]とも。また、様々な社会現象の元にもなっており、組織的強化、バンドワゴン効果、中国の故事「三人市虎を成す」などがある。


  1. ^ 塩谷英一郎「言語学とクリティカル・シンキング-誤謬論を中心に (PDF, 373 KiB)帝京大学総合教育センター論集,Vol.3(2011年度)
  2. ^ Austin Cline. Argumentum ad Populum


「衆人に訴える論証」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「衆人に訴える論証」の関連用語

衆人に訴える論証のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



衆人に訴える論証のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの衆人に訴える論証 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS