こたえるとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > こたえるの意味・解説 

こた・える〔こたへる〕【堪える】

[動ア下一][文]こた・ふ[ハ下二

耐える。こらえる。がまんする。「—・えられない暑さが続く」→堪(こた)えられない

一呼吸(いき)でも—・えられるか何(ど)うだか」〈鏡花歌行灯

多く動詞連用形に付いて複合語をつくる)耐えつづける。保つ。「これだけあれば一年くらいは—・える」「最後まで踏み—・える」「もち—・える」


こた・える〔こたへる〕【応える】

[動ア下一][文]こた・ふ[ハ下二

働きかけに対して、それに添うような反応を示す。応じる。報いる。「期待に—・える」「要求に—・える」「手を振って—・える」

外からの刺激を身に強く感じる。「寒さ骨身に—・える」「父の死が—・えた」

反響する。こだまを返す。「山びこが—・える」

心にしみわたる。しみじみと感じる。

「暁の嵐にたぐふ鐘の音心の底に—・へてぞ聞く」〈千載・雑中〉

あいさつする。断る。告げる。

「銀(かね)は今日請け取る。ただし、仲間へ—・へうか」〈浄・冥途の飛脚


こた・える〔こたへる〕【答える】

[動ア下一] [文]こた・ふ[ハ下二《「応える」と同語源》

相手からかけられた言葉に対して返事をする。「元気よく、はい、と—・える」

質問問題に対して解答を出す。「設問に—・えなさい」


こた・える こたへる 【堪】

〔自ア下一(ハ下一)〕 [文]こた・ふ 〔自ハ下二

耐える。こらえる。耐えしのぶ。我慢する。もちこたえる。こたゆ。

三河物語(1626頃)二「城寄出て禦(ふせぎたたかう)と云供、何かは以、こたゑべき」

② 耐え続ける。保つ。持続する。

太閤記(1625)七「大像之仏をば木像にし、漆膠にてぬり立候へば、百年はこたへ侍由なりければ」


こた・える こたへる 【答・応・報】

〔自ア下一(ハ下一)〕 [文]こた・ふ 〔自ハ下二〕 (「こと(言)」「あえる(合)」で、言を合わせる意か) 他からの働きかけに応じる。こたゆ。

① ことばをかけられたのに対してちらからも言う。

(イ) 返事する。応答する。うけこたえする。いらう。

書紀720神代上(寛文版訓)「対(コタヘ)て曰(まう)さく、吾(やつがれ)は是(こ)れ国神(くにつかみ)なり」

(ロ) 質問に対して意見答えを述べる。回答する。

伊勢物語(10C前)六「白玉かなにぞと人の問ひし時つゆとこたへて消えなましものを」

(ハ) 提起された問題を解いて結論を出す。解答する。

② ひびく。反響する。声と声互いに応じる。

古今(905‐914)恋一・五三九「打ちわびてよばはん声に山びこのこたへぬ山はあらじとぞ思ふよみ人しらず〉」

③ 他からの作用に対して感応する。

(イ) 報(むく)いる。報ずる

書紀720顕宗二年八月寛文版訓)「言として酬(むく)ひざるは無く、徳として報(コタヘ)ざるは無し

(ロ) 感じて応じる。反応する。通じる。

書紀720大化年三月(北野本訓)「天(あめ)も人(ひと)も合応(コタヘ)て、厥の政惟新なり」

(ハ) 心にしみ通る。深く感じる。しみわたる

千載(1187)雑中・一一四九あかつきの嵐にたぐふ鐘の音心の底にこたへてぞ聞く西行〉」

(ニ) 衝撃を受けて強く感じる。刺激痛み苦痛などを強く感じる。利(き)く。

*虎明本狂言・皸(室町末‐近世初)「六こんへこたえて、うづきまするほどに」

俳諧片歌東風俗(1765)「唇にこたへる秋やとうからし〈山〉」

挨拶する。ことわる。告げる。訴える。

浄瑠璃江州石山寺源氏供養(1676)「よしたとへ、かけこみたるにもせよ、しさいをつぶさにこたへ、じんじゃうのさたにてこそわたさんすらめ」

[語誌](1)→「いらう(応)」の語誌。
(2)室町時代頃からヤ行下二段活用見られる。→こたゆ(答)


こたえる

方言意味
こたえる 当惑する・困る。精神的影響したという「こたえ」であろう

こたえる

出典:『Wiktionary』 (2021/10/02 19:47 UTC 版)

語源

古典日本語「こたふ」 < 「こと」(言) + 「あふ」(会ふ)か

動詞:答

こたえる答える

  1. 呼び掛けして返事をする。
  2. 質問問題に対して解答を出す。

活用

発音(?)

東京アクセント
こ↗たえ↘る
京阪アクセント
こたえ↗る

関連語

翻訳

動詞:応

こたえる応える報える

  1. 働き掛けに合う行動示す
  2. 外からの刺激強く影響受ける肉体的または精神的衝撃苦痛じる。

活用

発音(?)

東京アクセント
こ↗たえ↘る
京阪アクセント
こたえ↗る

関連語

  • ごたえ

動詞:堪

こたえる堪える

  1. 我慢する。たえる
  2. ある状態保ち続ける

活用

発音(?)

東京アクセント
こ↗たえ↘る
京阪アクセント
こたえ↗る

関連語





※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「こたえる」の関連用語

こたえるのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



こたえるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
高松市歴史資料館高松市歴史資料館
Copyright(C) 2022 高松市歴史資料館 All Rights Reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのこたえる (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS