堪えるとは?

こた・える〔こたへる〕【堪える】

[動ア下一][文]こた・ふ[ハ下二

耐える。こらえる。がまんする。「—・えられない暑さが続く」→堪(こた)えられない

一呼吸(いき)でも—・えられるか何(ど)うだか」〈鏡花歌行灯

多く動詞連用形に付いて複合語をつくる)耐えつづける。保つ。「これだけあれば一年くらいは—・える」「最後まで踏み—・える」「もち—・える」


こら・える〔こらへる〕【堪える/×怺える】

[動ア下一][文]こら・ふ[ハ下二

苦しみなどに、耐えてがまんするしんぼうする。「痛みを—・える」「飢え寒さを—・える」

感情などを、抑えて外にあらわさない。「怒りを—・える」「笑いを—・える」

外から加えられた力にたえる。もちこたえる。「強烈寄りを—・える」

堪忍する。許す。「今度だけは—・えてやろう」

[補説] 「怺」は国字

[用法] こらえる・たえる——「空腹をこらえる(にたえる)」「痛みにたえる(をこらえる)」など、上接する助詞違いがあるが、相通じて用いる。◇「こらえる」は自己の感情発現押さえることに中心がある。「涙をこらえる」「怒りをこらえる」に「(に)たえる」は用いない。◇「たえる」は外部からの圧力抵抗する点に意味の中心がある。「三〇〇〇度の高温にたえる」に「(を)こらえる」は用いない。◇「たえる」は人以外の物にも使うが、「こらえる」は人についてしか使わない。


た・える〔たへる〕【耐える/堪える】

[動ア下一][文]た・ふ[ハ下二

苦しいこと、つらいこと、嫌なことをじっとがまんする辛抱する。こらえる。「厳し訓練に—・える」「暑さに—・える」「憤慨に—・えない」

外部から加えられる強い力作用に対しても、屈したり影響を受けたりせず、抵抗する力をもつ。もちこたえる。「重労働に—・える」「高温に—・える構造

㋐(堪える)それをする能力がある。その力量がある。「任に—・える」

性能・力などがなくならずにある。「まだ使用に—・える」

堪える)わざわざそうするだけの価値がある。…に値する。「鑑賞に—・える作」「読むに—・えない」

→堪(こら)える[用法]


こた・える こたへる 【堪】

〔自ア下一(ハ下一)〕 [文]こた・ふ 〔自ハ下二

耐える。こらえる。耐えしのぶ。我慢する。もちこたえる。こたゆ。

三河物語(1626頃)二「城寄出て禦(ふせぎたたかう)と云供、何かは以、こたゑべき」

② 耐え続ける。保つ。持続する。

太閤記(1625)七「大像之仏をば木像にし、漆膠にてぬり立候へば、百年はこたへ侍由なりければ」


こら・える こらへる 【堪・怺】

〔他ア下一(ハ下一)〕 [文]こら・ふ 〔他ハ下二

苦しみなどに耐えて、がまんする感情などをおさえて表面に出さないようにする。辛抱する耐え忍ぶ

*金刀比羅本保元(1220頃か)下「此有様をみたてまつるに、こらへつべしとも覚ねば」

② 保つ。もちこたえる

平家13C前)一一「おめいてかくれば、なぎさに百騎ばかりありける物ども、しばしもこらへず

怒り抑えて人を許す。

*コンテムツスムンヂ(捨世録)(1596)二「ナンヂヲ ヒトヨリ corayeyocaxito(コラエヨカシト) ヲモウニ ヲイテワ、ナンヂモ マタ ヒトヲ corayeyo(コラエヨ)」

[補注]室町時代頃からヤ行にも活用した。→こらゆ(堪)


た・える たへる 【堪・耐・勝】

1 〔自ア下一(ハ下一)〕 [文]た・ふ 〔自ハ下二

喜怒哀楽などの感情抑え表面に出さないようにする。苦しみ圧迫などをこらえてじっと我慢する。こらえる。しのぶ。古くは、多く下に打消の語を伴って、それができない意で用いた。

書紀720顕宗元年二月図書寮本訓)「泣(いさ)ち哭(な)き憤惋(いた)むて、自ら勝(タフル)こと能はず」

尋常小学読本(1887)〈文部省〉七「能く辛苦にたへて」

負担することができる。その任にあたり得る。応じ得る。それをすることができる。

地蔵十輪経元慶七年点(883)四「良福田とするに堪(タヘ)たり」

源氏100114頃)東屋「人の後見頼み聞えんにたへ給へる御覚えをえらび申て」

③ その状態が変わらないで、持続する。もちこたえる

源氏100114頃)夕顔「命さへたへ給はずなりにしのち」

④ (多く「勝」の字をあてる) すぐれる。堪能である。

宇津保(970‐999頃)祭の使「たへたることなき人だに身の沈むをば憂へとする」

2 〔他ハ下一〕 [文]た・ふ 〔他ハ下二支え止める。さえぎる。防ぎとめる。

書紀720継体二一六月前田本訓)「毛野の臣の軍を防遏(タヘヨ)とすすむ」

[補注]中世からヤ行にも活用した。→たゆ(堪)


こらえる【堪える】

品詞動詞
標準語》許す(我慢する、耐える、という意味にも勿論使う)

こらえ・る【堪える】

方言味・解
こらえ・る【堪える】自動下一)我慢する。

堪える

出典:『Wiktionary』 (2020/02/18 03:04 UTC 版)

漢字混じり表記

える(こたえる・こらえる・たえる)

  1. こたえる参照
  2. 「こらえる」参照
  3. たえる参照



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「堪える」の関連用語

堪えるのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



堪えるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
鳥取弁辞書鳥取弁辞書
Copyright (C) 1996-2021 gonbe007
博多弁推進会博多弁推進会
©1999-2021 博多弁推進会
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの堪える (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS