堪えるとは?

こた・える〔こたへる〕【堪える】

[動ア下一][文]こた・ふ[ハ下二

耐える。こらえる。がまんする。「―・えられない暑さが続く」→堪(こた)えられない

一呼吸(いき)でも―・えられるか何(ど)うだか」〈鏡花歌行灯

多く動詞連用形に付いて複合語をつくる)耐えつづける。保つ。「これだけあれば一年くらいは―・える」「最後まで踏み―・える」「もち―・える」


た・える〔たへる〕【耐える/堪える】

[動ア下一][文]た・ふ[ハ下二

苦しいこと、つらいこと、嫌なことをじっとがまんする辛抱する。こらえる。「厳し訓練に―・える」「暑さに―・える」「憤慨に―・えない」

外部から加えられる強い力作用に対しても、屈したり影響を受けたりせず、抵抗する力をもつ。もちこたえる。「重労働に―・える」「高温に―・える構造

㋐(堪える)それをする能力がある。その力量がある。「任に―・える」

性能・力などがなくならずにある。「まだ使用に―・える」

堪える)わざわざそうするだけの価値がある。…に値する。「鑑賞に―・える作」「読むに―・えない」

→堪(こら)える[用法]


こら・える〔こらへる〕【堪える/×怺える】

[動ア下一][文]こら・ふ[ハ下二

苦しみなどに、耐えてがまんするしんぼうする。「痛みを―・える」「飢え寒さを―・える」

感情などを、抑えて外にあらわさない。「怒りを―・える」「笑いを―・える」

外から加えられた力にたえる。もちこたえる。「強烈寄りを―・える」

堪忍する。許す。「今度だけは―・えてやろう」

[補説] 「怺」は国字

[用法] こらえる・たえる――「空腹をこらえる(にたえる)」「痛みにたえる(をこらえる)」など、上接す助詞違いがあるが、相通じて用いる。◇「こらえる」は自己の感情発現押さえることに中心がある。「涙をこらえる」「怒りをこらえる」に「(に)たえる」は用いない。◇「たえる」は外部からの圧力抵抗する点に意味の中心がある。「三〇〇〇度の高温にたえる」に「(を)こらえる」は用いない。◇「たえる」は人以外の物にも使うが、「こらえる」は人についてしか使わない。


こらえる【堪える】

品詞動詞
標準語》許す(我慢する、耐える、という意味にも勿論使う)

こらえ・る【堪える】

方言味・解
こらえ・る【堪える】自動下一)我慢する。

堪える

出典:『Wiktionary』 (2020/02/18 03:04 UTC 版)

漢字混じり表記

える(こたえる・こらえる・たえる)

  1. こたえる参照
  2. 「こらえる」参照
  3. たえる参照



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「堪える」の関連用語

堪えるのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



堪えるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
鳥取弁辞書鳥取弁辞書
Copyright (C) 1996-2021 gonbe007
博多弁推進会博多弁推進会
©1999-2021 博多弁推進会
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの堪える (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS