熱電対とは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > FA用語 > 熱電対の意味・解説 

ねつ でんつい [3] 【熱電対】

種類導体組み合わせ接合点の温度違いによって熱起電力を生じるようにしたもの。生じる熱起電力は、二種類導体種類温度差によって決まる。二種の金属には、白金白金ロジウムあるいはコンスタンタンなどが使われる。温度計などに利用する。

熱電対


熱電対

英語 thermocouple

材質異なった2本の導体(針金状のもの)で閉回路をつくり、2つの接合点を異なった温度に保つと、その回路起電力(熱起電力)が生じる。このような導体組み合わせを熱電対という。熱電対は温度差起電力の関係を精密測定しておけば、起電力測ることで温度差求められることから、温度測定センサーとして広く使用されている。とくに普通の温度計使えないような高温部位ではよく使われる。

熱電対

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

熱電対

機械的強く、広い温度範囲測定できることから実験室から工業用途まで 幅広く使われている温度センサ
2種類の金属素線の接続間点に生じる熱起電力温度によって変化する効果ゼーベック効果)を利用している。熱電対には、300程度温度まで測定 できるコンスタンタンニッケル・銅合金)、600程度温度まで測定できる コンスタンタン1000程度温度まで測定できるクロメルニッケルクロム合金)−アルメル(ニッケル・アルミニウム合金)など、いくつかの種類がある。

熱電対

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/01 05:16 UTC 版)

熱電対(ねつでんつい、: thermocouple)は、2種類の金属線の先端同士を接触させて回路を作り、接合点に発生する熱起電力を通じて温度差を測定する温度計[1][2]。あるいは、その2種類の金属線のことを指す[3]




「熱電対」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「熱電対」の関連用語

熱電対のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



熱電対のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
オムロン株式会社オムロン株式会社
© Copyright OMRON Corporation 1996-2019. All Rights Reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
材料屋.com材料屋.com
Copyright(c) 2004-2019 (有)イーマテリアル
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの熱電対 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS