thermocoupleとは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > FA用語 > thermocoupleの意味・解説 

熱電対

読み方ネツデンツイ
【英】:thermocouple

関連するカテゴリ
コントロール機器共通

組み合わせる金属の種類と両接点温度差に応じて熱起電力発生する。(ただし、2つの構成する金属の形状大きさには関係しない)。この現象利用した温度センサ


熱電対

英語 thermocouple

材質異なった2本の導体(針金状のもの)で閉回路をつくり、2つの接合点を異なった温度に保つと、その回路起電力(熱起電力)が生じる。このような導体組み合わせを熱電対という。熱電対は温度差起電力の関係を精密測定しておけば、起電力測ることで温度差求められることから、温度測定センサーとして広く使用されている。とくに普通の温度計使えないような高温部位ではよく使われる。

熱電対

※「大車林」の内容は、発行日である2004年時点の情報となっております。

熱電対

読み方ネツデンツイ
【英】:thermocouple

熱電対とは、異な材質の2本の金属線接続しただけの構造で、温度により熱起電力が生じるゼーベック効果利用した、古くからある接触温度センサ一種ゼーベック効果とは、2本の金属線の2つの接点部に温度差があると電圧(熱起電力)が発生する現象で、1821年ドイツ物理学者ゼーベック発見。熱電対は温度センサとして発生する電圧にまったく誤差がなく、構造シンプル比較安価金属の種類選択することで低温から高温まで温度測定が可能、などの特長をもつ。種類としては、クロメル-アルメル(JIS規格記号K)、-コンスタンタン(T)、-コンスタンタン(J)、白金-白金ロジウム(R)などがある。
金属の素線がむき出しならないようフッ素樹脂ガラス繊維被覆したり、 金属保護管に封入(シースタイプ)して使用する。
■ 関連技術

ねつでんつい 熱伝対 thermocouple

2種金属ループ状に接続した時、両接点間に温度差があると、 起電力が生じる現象利用して温度求めるもの。通常一方接点既知温度保持される。

熱電対

(thermocouple から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/01 05:16 UTC 版)

熱電対(ねつでんつい、: thermocouple)は、2種類の金属線の先端同士を接触させて回路を作り、接合点に発生する熱起電力を通じて温度差を測定する温度計[1][2]。あるいは、その2種類の金属線のことを指す[3]




「熱電対」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「thermocouple」の関連用語

thermocoupleのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



thermocoupleのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
オムロン株式会社オムロン株式会社
© Copyright OMRON Corporation 1996-2018. All Rights Reserved.
三栄書房三栄書房
Copyright c San-eishobo Publishing Co.,Ltd.All Rights Reserved.
イプロスイプロス
COPYRIGHT © 2001-2018 IPROS CORPORATION ALL RIGHTS RESERVED
モノシリ
ダイキン工業ダイキン工業
Copyright (C) 2018 DAIKIN INDUSTRIES, ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの熱電対 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS