白癩とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > 白癩の意味・解説 

しら‐はたけ【白×癩】

色素減少消失によって皮膚白斑ができる病気


びゃく‐らい【白×癩】

ハンセン病の一型の古称身体の一部または数か所皮膚斑紋状に白くなるものをさす。しらはだ

そむけば白癩になるという意で、強い決意禁止を表す語。副詞的に用いる。

「商ひ馬に乗らんとは、―ならぬ、ならないぞ」〈伎・矢の根

不意の出来事に驚く気持ちを表す語。感動詞的に用いる。

一文字切り付くれば、―これはと抜き合はせ」〈浮・伝来記・七〉


白癩

読み方:ビャクライ(byakurai)

児童顔面白色円形斑を生ず皮膚病



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「白癩」の関連用語

白癩のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



白癩のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.

©2020 Weblio RSS