Weblio 辞書 > 金融コラム一覧 > 株365の日経225証拠金取引と日経225miniとの違い

株365の日経225証拠金取引と日経225miniとの違い

 

日経225miniは、大阪証券取引所(大証)の取り扱う先物商品の名称です。ここでは、株365の日経225証拠金取引と日経225miniとの違いについて解説します。

▼取引期限
株365では、取引期限はありません。一方、日経225miniは先物取引のため期限が設けられています。日経225miniの期限はおよそ3か月ほどです。

▼取引時間
株365では、ほぼ24時間の取引が可能です。一方、日経225miniでは9時から23時30分までが取引時間になっています。欧州時間やニューヨーク時間などで大きな動きがあった場合、翌日の日経平均株価(日経225)に影響を及ぼすことがあります。その場合、日経225miniでは9時まで待たないと取引はできません。

▼日経平均株価との連動性
株365も日経225miniも値動きはほぼ同じで連動します。ただし、日経225miniの場合には金利相当額と配当相当額の分だけ価格が乖離します。

▼取引方法
株365ではマーケットメイク方式、日経225miniではオークション方式により取引が行われます。

▼1枚の必要金額
株365では日経225証拠金取引の1枚の購入に27,000円かかります。一方、日経225miniでは1枚の購入に877,400円かかります。いずれも2012年9月3日現在。

▼ロスカット
株365ではロスカットがありますが、日経225miniではロスカットはありません。

▼呼値
株365では1円単位での呼値になります。一方、日経225miniでは5円単位での呼値になります。呼値が1円の場合は最低の値動きが1円になります。1円未満の価格での値動きはありません。また、呼値が5円の場合は最低の値動きが5円になります。5円未満の価格での値動きはありません。
(2012年09月04日更新)




カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

検索ランキング

©2022 GRAS Group, Inc.RSS