霞石とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 物質 > 鉱物 > 鉱物 > 霞石の意味・解説 

霞石(Nepheline)

霞石 霞石
Old San Vito quarry,Ercolano,Monte Somma,Somma-Vesuvius Complex,Naples Province,Campania,Italy
(Na,K)AlSiO4 画像の幅約3mm、2.3cm

無色透明六角柱結晶が霞石です。
この産地では玻璃長石岩に珪灰石(Wollastonite)やカスピディン(Cuspidine)
と共に産出します。

霞石(Nepheline)

霞石
Djebel Ayachi,near Mibladen,Morocco
(Na,K)AlSiO4 画像の幅約3.2cm

白色角柱鉱物が霞石(かすみ石)です。
準長石鉱物で、塩酸など浸しておくとかかったように内部が曇ることから
霞石と名付けられました。

霞石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/29 08:38 UTC 版)

霞石(かすみいし、nepheline、ネフェリン)は鉱物ケイ酸塩鉱物)の一種。準長石に属する。塩酸などの強酸に入れると白濁することから、ギリシャ語νεφέλη(「雲」)にちなみ命名された(日本語の語源も霞からである)。




「霞石」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「霞石」の関連用語

霞石のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



霞石のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
Kato's CollectionsKato's Collections
Copyright(C) 1996-2019 Shinichi KATO All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの霞石 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS