化学組成とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 化学組成の意味・解説 

かがく‐そせい〔クワガク‐〕【化学組成】

ある物質構成する元素化合物などの化学成分が、それぞれどれくらい比率で含まれているかを示したもの。組成式で表したり、各化学成分質量体積物質量百分率用いたりする。


化学式

(化学組成 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/28 05:20 UTC 版)

化学式(かがくしき、: chemical formula)とは、化学物質元素の構成で表現する表記法である。分子からなる物質を表す化学式を分子式(ぶんししき、: molecular formula)、イオン物質を表す化学式をイオン式(イオンしき、: ionic formula)と呼ぶことがある。化学式と呼ぶべき場面においても、分子式といい回される場合は多い。


  1. ^ 関連:宇都宮大学工学部超分子化学研究室(刊日不明)『有機基礎化学I 資料』2010年8月17日閲覧。
  2. ^ Lewis 1916.
  3. ^ Dickerson, Gray & Haight 1979, p. 400.


「化学式」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「化学組成」の関連用語

化学組成のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



化学組成のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの化学式 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS