ベスブ石とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 物質 > 鉱物 > 鉱物 > ベスブ石の意味・解説 

ベスブ石(Vesuvianite-Idoclase)

ベスブ石
Asbestos,Quebec,Canada

ベスブ石(Vesuvianite)

ベスブ石
Bellecombe,Val d'Aosta,Italy
Ca10Mg2Al4(Si2O7)2(SiO4)5(OH)4 標本の幅約1.6cm

美しく輝くイタリア産のベスブ石です。

ベスブ石(Vesuvianite)

ベスブ石
Jeffrey Mine,Asbestos,Quebec,Canada
Ca10Mg2Al4(Si2O7)2(SiO4)5(OH)4 標本の幅約1.5cm

海外コレクターから頂いた紫色美しいベスブ石です。

ベスブ石(Vesuvianite)

ベスブ石
長野県南佐久郡川上村武信鉱山
Ca19(Al,Mg,Fe)13Si18O68(O,OH,F)10 画像の幅約2cm

茶褐色柱状結晶がベスブ石です。
光沢豊かな美しいベスブ石を産出する甲武信鉱山標本です。

ベスブ石(Vesuvianite)

ベスブ石
神奈川県足柄上郡山北町箒沢・白石
Ca19(Al,Mg,Fe)13Si18O68(O,OH,F)10 画像の幅約2.3cm

四角両錐のそろばん玉状をしたベスブ石です。
写真右側結晶面が殆どなく四角両錐形をしているのが
観察できます

ベスブ石(Vesuvianite)

ベスブ石
宮崎県西臼杵郡日之影町岩戸鉱山
Ca19(Al,Mg,Fe)13Si18O68(O,OH,F)10 画像の幅約3.2cm

黒色柱状結晶がベスブ石です。
面が発達して柱状になるタイプのベスブ石の結晶です。

ベスブ石(Vesuvianite)

ベスブ石 ベスブ石
Jeffrey Mine,Asbestos,Shipton Township,Richmond Co.,Quebec,Canada
Ca19(Al,Mg,Fe)13Si18O68(O,OH,F)10 画像の幅約6mm

緑色をしたベスブ石の柱状結晶です。
美し緑色をしたベスブ石で、発色微量クロム(Cr)を含むため
とされています。

ベスブ石(Vesuvianite)

ベスブ石
Vesuvio,Napoli,Italy
Ca10Mg2Al4(SiO4)5(Si2O7)2(OH)4 画像の幅約8mm

写真中央の柱状結晶がベスブ石です。
イタリアベスビアス火山最初に発見された鉱物で、この標本
貴重なベスビアス産の標本です。

ベスブ石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/09 09:29 UTC 版)

ベスブ石(ベスブせき、vesuvianite、ベスビアナイトとも)は、鉱物ケイ酸塩鉱物)の一種。名前は最初に発見されたイタリアのベスビオ火山に由来する。別名のアイドクレーズ(idocrase)は、ギリシャ語の"Eidos"(見かけ)と"Krasis"(混交)にちなんでルネ=ジュスト・アユイにより命名されたもので、結晶の形がジルコンなどと紛らわしいことによる。




「ベスブ石」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「ベスブ石」の関連用語

ベスブ石のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング

画像から探す

ウェンドウィルソン石

アクアマリン

マリコパ石

ベラウン石

クレンケ石

モリブデン鉛鉱

重土十字沸石

ベス鉱





ベスブ石のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
Kato's CollectionsKato's Collections
Copyright(C) 1996-2018 Shinichi KATO All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのベスブ石 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS