凋落とは? わかりやすく解説

ちょう‐らく〔テウ‐〕【×凋落】

読み方:ちょうらく

[名](スル)

花やしぼんで落ちること。「―の秋」

おちぶれること。落魄。「一家が―する」

容色などが衰えること。

鏡の中には、もう―し尽くした女が映っていた」〈藤村・家

人間衰えて死ぬこと。

朋友また―し尽きて、孑然(けつぜん)一身となり」〈中村訳・西国立志編


凋落

読み方:チョウラク(chouraku)

勢いおとろえること


凋落

作者徳田秋声

収載図書徳田秋声全集 第6巻 奈落・凋落
出版社八木書店
刊行年月2000.1


凋落

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/08 11:42 UTC 版)



凋落(1981–1989)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 14:04 UTC 版)

ドイツ民主共和国」の記事における「凋落(19811989)」の解説

詳細は「ベルリンの壁崩壊」および「東ドイツ転換平和革命ドイツ語)」を参照 1979年第二次オイルショックで、東ドイツ不景気はさらに加速するようになった経済的困難から抜け出せなかったソ連指導部は、東ドイツへの優遇条件での石油供給量を年間1900トンから1700トン減らした。それに対してホーネッカー何度も抗議しブレジネフに「200トン石油に、東ドイツ不安定にし、党と国家に対する国民信頼を壊すほどの価値があるのか」と問いただしたその間東ドイツソ連石油オーデルドイツ語版)、ベーレンドイツ語版)、リュッツケンドルフ(ドイツ語版)、ロイナドイツ語版)(Leunawerke) の石油精製所加工しており、それらを西ヨーロッパ市場販売して外貨獲得していた。ホーネッカー抗議効果はなく、むしろソ連と共に苦労分かち合おうという激励応えるものであった。そうしなければ完璧な社会主義共同体制」の世界的立場危ういものになってしまうからであるそのため、東ドイツ財政は「不安と絶望の袋小路になった。かつて東欧優等生と言われた東ドイツは、少しずつでも着実に改革進めポーランドハンガリー後塵を拝するようになった1982年東ドイツ財政破綻危機迎えた。それを防いだのは、1983年1984年の2回にわたる西ドイツからの何十マルクもの出資であったが、それにはアレクサンダー・シャルク=ゴロットコフスキーの尽力大きかった彼は外貨獲得担当していた貿易調整部(ドイツ語版)の所長であり、それと同時にシュタージ特務将校ドイツ語版)も兼任していた。彼は、特に東ドイツ国境規制緩和約束することで、バイエルン州首相フランツ・ヨーゼフ・シュトラウス調停者として味方につけることに成功したそれ以前にも、第三次シュミット内閣 (1980-1982) が、チューリッヒの「偽装銀行」(Strohbank) を通じて30億から50ドイツマルク貸し出すかどうか検討していた。しかし、高額な消費財国民提供することは、満足にはできなかった。西側と同水準カラーテレビ冷凍庫付き冷蔵庫全自動洗濯機は、高かっただけでなく、長い待ち時間をも必要とした。「全自動洗濯機納品期間は3年近くかかり、トラバント最低でも十年近く待たなければならなかったが、トップクラス誇れるほどの質はないままだった」。 東西ドイツ間で結ばれた特別協定は、東ドイツ指導部に対するソ連不信解消させることにもなった。それゆえ1987年ホーネッカー西ドイツ訪問初め実現し東ドイツ国際的承認晴れ舞台となった1985年ミハイル・ゴルバチョフソ連共産党書記長に就任してペレストロイカグラスノスチ改革方針打ち出しソビエト連邦東側諸国良好な関係にある党と国家に、国内統治に対する自由裁量認めていた。他の東欧諸国では自由化動き始まったが、分断国家である東ドイツでは「社会主義のイデオロギー」だけが国家の拠って立つアイデンティティであり、ポーランドハンガリーのような政治民主化経済自由化東ドイツ西ドイツとの差異無くしひいては東ドイツという国家存在意義消滅意味することを東ドイツ指導部知っていたため、ゴルバチョフモデルに従うことを彼らは強く拒絶した東ドイツ反対派ゴルバチョフ改革路線受け入れ求めたが、ホーネッカー指導部一部反対派逮捕拘留して弾圧するだけであった1987年4月ハンブルク雑誌シュテルン』に掲載された対談で、ペレストロイカへの見解求められた社会主義統一党政治局員文化科学担当書記イデオロギー担当)クルト・ハーガー(ドイツ語版)は「わが国では、既に改革進んでいる隣人壁紙張り替えからと言って、同じことをする必要はない」と答えた1988年9月モスクワでゴルバチョフホーネッカー会談ではお互いに辛辣に皮肉るほどになり、一致点見出せないほどであった。そして11月18日東ドイツグラスノスチ情報公開)を伝えソ連雑誌スプートニクドイツ語版ロシア語版)』に対する郵便新聞管轄局の認可取り消したが、これは事実上の発禁処分であることを意味したその理由東ドイツ当局独ソ友好関係強化貢献するどころか歴史歪曲するものと説明していた。この発禁された雑誌スプートニク10月号は、1939年8月独ソ不可侵条約締結時に交わした秘密付属議定書ロシア語版)の内容触れており、当時ナチス・ドイツソ連との間で「利益領域分割」を規定したことに言及したものであった。この秘密付属議定書当時グラスノスチ情報公開)の動きの中で8月モスクワで公表されたものであった。これには、東ドイツ国内知識人の不満を一気高めることとなり、政権内でさえこの措置賛成する者は少数で、「ヒトラー・ファシズムに対する反ファシスト英雄的闘争中傷するもの」という説明に、長年社会主義統一党員からも党幹部憤慨募らせていた。 1989年1月20日アメリカ大統領に就任したジョージ・ブッシュは、5月2日世界秩序へのソ連復帰歓迎するとして、ソ連ペレストロイカ政策軍縮地域紛争からの撤退をめざす新思考外交評価しそれまで対ソ封じ込め政策転換発表した7月にはワルシャワ条約機構ソ連東欧への軍事介入正当化してきたブレジネフ・ドクトリン放棄するコミュニケ採択した。 そしてこの頃ソ連外務省東ドイツ行く末悲観論強まっていた。1988年ソ連外務省文書まとめていた。それは「ドイツ統一」の3つのシナリオでこの後東ドイツについて、3つの可能性について討議したものであった第一は『共存』で、東西ドイツこれまで通り関係で進むことだがソ連東ドイツ経済復興しない限り不可能と断定した第二は『吸収』で、西ドイツ東ドイツ吸収して北大西洋条約機構 (NATO) に入ることになりソ連には不利で絶対に避けたい第三は『中立』で、西ドイツNATO脱退し東ドイツワルシャワ条約機構脱退して中立の統一ドイツとなることでソ連にとって最善の策であるとした。翌1989年秋にゴルバチョフ東ドイツ訪問する直前に、会議の席で「諸君、我々は社会主義の友人1つ失うことが明らとなった。」と述べてホーネッカーを、そして東ドイツ見限ることを明らかにした。この時ゴルバチョフ補佐官として会議同席していたゲオルギー・シャフナザーロフ後に「このゴルバチョフ発言には誰もが賛成であった。」と語っている。 このことは東ドイツ国民には理解されず、ますます反感を買うようになった抗議は、主に1980年以降成立した平和運動中に見られるこれらの平和運動は、地域集まった小さなグループから成り環境大切さ第三世界重要性訴えた。そのグループいくつかには、教会支援説得もあった。1989年5月行われた地方自治体選挙ドイツ語版)の結果改ざんされたことが明らかになると、それに対する抗議が行われ、それがSEDへの不満をいっそう明確に可視化させ、多様な公民権運動へとつながったSEDにとってより重大だったのは、民主化進めていたハンガリー政府が、1989年5月2日オーストリア国境鉄条網撤去着手したことにより、「鉄のカーテン」が綻んだことであった。これを見た多くの東ドイツ市民チェコスロバキア経由ハンガリー出国し大量国外脱出始まったハンガリー政府1989年8月19日には非公式ながら東ドイツ国民オーストリアへの出国許可し汎ヨーロッパ・ピクニック)、さらには9月11日には正式に東ドイツ国民オーストリアへの出国許可した。 これを受けて10月3日東ドイツ政府チェコスロバキアとの国境閉鎖して市民流出止めようとしたが、国外へ逃げることができなくなった市民たちはその不満を体制批判へと転化するようになっていった。定期的に開催され月曜デモで、公民権運動改革目指した抗議が行われた。東ベルリン10月7日建国40周年記念祝典が行われていたので、デモ治安部隊によって解散させられていたが、2日後大規模抗議デモライプツィヒ起こると、東ドイツ平和革命爆発したホーネッカーデモ武力鎮圧しようとしたが、結局失敗したまた、建国40周年記念祝典出席のために東ドイツ訪れたゴルバチョフ改革行わないホーネッカーに対して明らかに不満気な態度取りSED党内からも批判ホーネッカー下し動き強まり始めた。こうして、10月17日政治局会議ホーネッカー解任動議可決され10月18日ホーネッカー退任した後任エゴン・クレンツ書記長SEDの新指導部国民との対話提案したが、国家と党の体制崩壊引き止めることはできなかった。1989年11月9日の夜、SED政治局員ギュンター・シャボフスキー西側への出国許可が「遅滞なく下りる誤って発表すると、ベルリンの壁市民殺到し、壁は崩壊したベルリンの壁崩壊)。

※この「凋落(1981–1989)」の解説は、「ドイツ民主共和国」の解説の一部です。
「凋落(1981–1989)」を含む「ドイツ民主共和国」の記事については、「ドイツ民主共和国」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「凋落」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

凋落

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 06:44 UTC 版)

名詞

ちょうらく 別表記:彫落)

  1. 花などがしぼん落ちること。
  2. 落ちぶれること。
  3. 容貌衰えること。
  4. 衰弱して死ぬこと。

発音(?)

ちょ↗ーらく

動詞

活用

サ行変格活用
凋落-する

「凋落」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「凋落」の関連用語

凋落のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



凋落のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの凋落 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのドイツ民主共和国 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの凋落 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS