馬占山とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 政治 > 軍事 > 軍人 > 馬占山の意味・解説 

馬占山

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/10/07 16:02 UTC 版)

馬 占山(ば せんざん)は、中華民国満州国軍人秀芳




[ヘルプ]

注釈

  1. ^ 関東軍は、これに対し鉄道修理を名目に北満州への進出を図ろうとした。川田(2010)p.170
  2. ^ のち(馬占山の満州国離脱後)に黒竜江省長となる韓雲階も馬の説得工作にたずさわった。
  3. ^ 「党国政府と関係を脱離し、東北省区は完全に独立せり」という離脱の宣言文が出された。『1億人の昭和史1』(1975)p.147
  4. ^ 四巨頭会議(建国会議)のころ、満州事変調査のためのリットン調査団が欧州を出発し、東アジアへ向かいつつあった(日本到着は2月29日)ので、既成事実をつくる必要があったため、巨頭会談開催が急がれた。また、そこでは会談が、あくまでもかれらの自由意志によるものであることが強調された。NHK『日本の選択7』(1995)pp.126-127
  5. ^ 満州国建国にあたって大きな困難のうちの1つが馬占山の処遇であった。馬を殲滅するのか降伏させるのかについては、結局、1932年2月まで決着が持ち越されたことになる。NHK『日本の選択7』(1995)p.124
  6. ^ リットン調査団は馬占山との会見を望んだが、実現しなかった。

出典

  1. ^ 川田(2010)p.170
  2. ^ a b 川田(2010)pp.172-174
  3. ^ a b c d 『1億人の昭和史1』(1975)pp.147-153
  4. ^ a b NHK『日本の選択7』(1995)pp.126-127
  5. ^ 総統府広報第67号 (PDF)” (中国語). 政府広報資訊網. 2017年10月7日閲覧。
  6. ^ 総統府広報第93号 (PDF)” (中国語). 政府広報資訊網. 2017年10月7日閲覧。


「馬占山」の続きの解説一覧



馬占山と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「馬占山」の関連用語

馬占山のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



馬占山のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの馬占山 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS