罰金等臨時措置法とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 法令・規則 > 法令 > 日本の法律 > 罰金等臨時措置法の意味・解説 

罰金等臨時措置法

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/01 22:26 UTC 版)

罰金等臨時措置法(ばっきんとうりんじそちほう、昭和23年12月18日法律第251号)は、物価変動に伴う罰金及び科料の額等に関する特例を規定した日本法律である。


  1. ^ 概ね500倍に引き上げられたが、小額のものについては、50円は10万円、100円は10万円、300円は20万円、500円は30万円、とより高い割合で引き上げられた。


「罰金等臨時措置法」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「罰金等臨時措置法」の関連用語

罰金等臨時措置法のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



罰金等臨時措置法のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの罰金等臨時措置法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS