消化系とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 学問 > 生物学用語 > 消化系の意味・解説 

消化系

英訳・(英)同義/類義語:alimentary system

動物の組織で、消化器官総称消化器官から分泌される酵素総称
「生物学用語辞典」の他の用語
個体の器官や組織など:  海綿骨質  消化器官  消化管  消化系  消化腺  温度受容器  滑液

消化器

(消化系 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/03 03:34 UTC 版)

消化器(しょうかき、英語: digestive organ, digestive apparatus)とは、多細胞生物、特に動物において、食物を体内に摂取し、貯蔵消化、消化された食物からの栄養素吸収、不消化物の排泄、およびそれらを行うための運搬、といった働きを担う器官群の総称[1]。主要な器官は消化管(しょうかかん、英語: alimentary canal, digestive tract)であり、これらの働きをコントロールする消化腺(しょうかせん)また付属腺(ふぞくせん)、肝臓などの付属器(ふぞくき)も含まれる[1]。これらの器官をまとめたシステムを消化器系(しょうかきけい、英語: digestive system)という器官系として扱う。




「消化器」の続きの解説一覧

消化系

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 14:28 UTC 版)

フキシャンフィア類」の記事における「消化系」の解説

口はハイポストーマに覆われ後ろ向きに開口するため、消化管の先頭咽頭食道)はUターンして曲がり返したとされる胸部の中腸左右に複数対の丸い消化腺digestive gland中腸腺 midgut diverticulae)が並んでおり、その位置背板対応する腹部後腸単調で尾節直前肛門まで続く。 頭部のSPA背甲枝分かれ消化腺解釈する異説はかつてあったが、2010年代以降では誤解釈として否定されるようになり、SPA付属肢性質確定的である。

※この「消化系」の解説は、「フキシャンフィア類」の解説の一部です。
「消化系」を含む「フキシャンフィア類」の記事については、「フキシャンフィア類」の概要を参照ください。


消化系

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/03 10:19 UTC 版)

ウミヒルガタワムシ科」の記事における「消化系」の解説

大まかに言うと、消化系は咀嚼器有する咽頭長い食道、丸い形の胃、及び総排出口繋がる短い腸から構成される咽頭細長く伸びて頭部全体長さに及び、その腹面側にある。食道頭部から腹部収まる胃までを繋いでいる。胃は雌では大きくて胴部2/3占めるが、雄ではより小さく、生時にはほとんど見えないこともある。腸は短くて細く消化吸収働き主としてが行っていると思われる。腸は胃から肛門へと続くが、肛門の位置雌雄大きく異なる。雌に於いては総排出口胴部後方背面にある。雄の場合総排出口胴部前端頚部胴部つなぎ目付近背面にある。

※この「消化系」の解説は、「ウミヒルガタワムシ科」の解説の一部です。
「消化系」を含む「ウミヒルガタワムシ科」の記事については、「ウミヒルガタワムシ科」の概要を参照ください。


消化系

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/29 19:44 UTC 版)

Megacheira」の記事における「消化系」の解説

消化系(消化管)は頭部の腹側後ろ向きに開口する口から始め上向きに曲がり返した咽頭を介してに連結する。腸は頭部の咽頭から胴部後端まで走りレアンコイリア、Oestokerkus とヤウニクの場合、胴節に対応する消化腺digestive gland中腸腺 midgut gland とも)が中腸対になって配置されることが分かる肛門尾節最終胴節の腹面境目開口する。

※この「消化系」の解説は、「Megacheira」の解説の一部です。
「消化系」を含む「Megacheira」の記事については、「Megacheira」の概要を参照ください。


消化系

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/02/02 14:03 UTC 版)

ジェットハナアルキ」の記事における「消化系」の解説

ジェットハナアルキの消化系は、瘤胃網胃葉胃皺胃分化するという反芻類との見事な収斂を示す胃と、奇蹄類のような発達した盲腸併せ持つ瘤胃盲腸どちらにもメタン生成菌共生しており、飛行のためのガスはここで作られる。消化系の最後部推進直腸 (Propulsionsrectum) と名付けられたこの動物独自の器官となっており、ここからガスの噴出によって推進力を得る噴射連続的でなく、毎秒数十回から数百回の断続的な噴射連続からなるが、推進直腸の前部後部交互に開くことでこの断続的な噴射もたらされる

※この「消化系」の解説は、「ジェットハナアルキ」の解説の一部です。
「消化系」を含む「ジェットハナアルキ」の記事については、「ジェットハナアルキ」の概要を参照ください。


消化系

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/18 10:04 UTC 版)

プラジカンテル」の記事における「消化系」の解説

90%の患者腹痛感じ吐き気嘔吐を伴うこともある。下痢生じ疝痛を伴う場合もある。下痢発汗発熱血便を伴う場合がある

※この「消化系」の解説は、「プラジカンテル」の解説の一部です。
「消化系」を含む「プラジカンテル」の記事については、「プラジカンテル」の概要を参照ください。


消化系

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/15 09:19 UTC 版)

溝腹綱」の記事における「消化系」の解説

先述のように口と肛門それぞれ体の先端後端にある。消化管この間をほぼ直線的に結ぶ。大きくは前腸(foregut)、中腸(midgut)、後腸(hindgut)に分かれる。 前腸は外胚葉由来で、前腸腺という分泌腺開き、これは消化関係するとされるまた、咽頭内側下側には歯舌がある。この部分口の外に突き出して吻となることができる。その際歯舌突き出し、餌を食いちぎるなどに使われる中腸消化管の大部分占める。その先端部は前腸の背中側突き出して背前盲管(dorsal anterior caecum)となることがある。また中腸全体にわたって両側小さな突出部が対をなして生じており、これを側盲管(lateral diverticula)という。これは、扁形動物消化管の構造対比されることがある中腸内壁は細かい絨毛一面にある。 後腸は短い管状で、内部に縦膝があり、消化吸収作用はないと考えられているが、内胚葉起源であり、直腸ではない。

※この「消化系」の解説は、「溝腹綱」の解説の一部です。
「消化系」を含む「溝腹綱」の記事については、「溝腹綱」の概要を参照ください。


消化系

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/31 05:43 UTC 版)

シャコ目」の記事における「消化系」の解説

口の直後にある袋状の前胃proventriculus)は、前半部(cardiac stomach)が頭部の大部分占めるほど前に大きく伸ばしている(ハイポストーマとほぼ同じ長さ)。後半部幽門数枚内骨格でできたくびれ(pyloric stomach)で、内壁に細かい櫛状剛毛があり、頭部と胸部の境目第2小顎と第1顎脚の間)まで続く。くびれの直後は横で3つ枝分かれそのうち中央尾節まで伸ばした単調な消化管中腸後腸)で、左右前胃のくびれから尾節まで長大発達した消化腺digestive gland, 中腸線)となり、両縁は付属肢位置対応する並んでいる中腸は第5腹節以降から少し太い後腸で、尾節肛門直前でやや嚢状膨らむ(anal sac)。

※この「消化系」の解説は、「シャコ目」の解説の一部です。
「消化系」を含む「シャコ目」の記事については、「シャコ目」の概要を参照ください。


消化系

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/15 06:13 UTC 版)

クモ」の記事における「消化系」の解説

消化管大きくは前腸(fore-gut)、中腸(mid-gut)、後腸(hind-gut)からなる。前腸と後腸外胚葉性で、中腸内胚葉性である。

※この「消化系」の解説は、「クモ」の解説の一部です。
「消化系」を含む「クモ」の記事については、「クモ」の概要を参照ください。


消化系

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 04:12 UTC 版)

ヒヨケムシ」の記事における「消化系」の解説

ヒヨケムシの消化系は発達で、順に前腸・中腸後腸分けられる。前腸は口上板などに覆われる咽頭と、脳の間(食道孔 oesophageal foramen)を貫通する食道からなる中腸は脳の後方から後体の末端直前まで長大伸ばし、前体と後体の境目くびれている。両筋に発達した消化腺(diverticula)が並び、特に後体のものは体腔充満した数多く分岐枝分かれている。肛門直前後腸は、排泄物一時的に貯まる用の嚢を背面にもつ。

※この「消化系」の解説は、「ヒヨケムシ」の解説の一部です。
「消化系」を含む「ヒヨケムシ」の記事については、「ヒヨケムシ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「消化系」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「消化系」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

消化系のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



消化系のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JabionJabion
Copyright (C) 2022 NII,NIG,TUS. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの消化器 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのフキシャンフィア類 (改訂履歴)、ウミヒルガタワムシ科 (改訂履歴)、Megacheira (改訂履歴)、ジェットハナアルキ (改訂履歴)、プラジカンテル (改訂履歴)、溝腹綱 (改訂履歴)、シャコ目 (改訂履歴)、クモ (改訂履歴)、ヒヨケムシ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS