ハチノスとは?

Weblio 辞書 > 工学 > 鍛金の道具 > ハチノスの意味・解説 

はち‐の‐す【蜂の巣】

ハチ幼虫育てたり花の蜜などを蓄えたりするために作る巣。一般には、六角形多数の巣部屋のある、アシナガバチ・スズメバチ・ミツバチなどの巣をいう。《 春》「―をもやす夜のあり谷向ひ/石鼎

小さい穴がたくさんあいた状態のたとえ。「機関銃で車が蜂の巣になる」

工具の一。鋳鋼製の角形の台で、側面三角、丸、四角などの穴があけてある。金敷補助に用いる。

牛の第二胃網目状胃壁が蜂の巣と似ることから。煮込み料理などに向く。→ミノセンマイギアラ


ハチノス

ハチノス
ハチノス
蜂の巣のように、穴がたくさん空いているためそう呼ばれています。アンビル同様の金床一種ですが、棒状金属曲げたり、形のあった穴に材料差し込んで据え込んだり、ハチノス自体重さ押さえ役割を果たしたりもします。
新品よりも使い込んである方が角が落ちていて作品に傷がつかないので使用しやすいようです


蜂の巣

読み方:ハチノス(hachinosu

幼虫育てたり、蜜を貯蔵したりするために作る巣。形や大きさはさまざまである

季節

分類 動物


蜂窩

読み方:ハチノス(hachinosu

幼虫育てたり、蜜を貯蔵したりするために作る巣。形や大きさはさまざまである

季節

分類 動物


ハチノス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/08 05:50 UTC 版)

ハチノスは、または近縁種の動物の第二ラテン語: rēticulum [reːˈtɪkʊɫũ] レーティクルム。英語ではこれを英語風に発音して reticulum [ɹɪˈtikjʊləm] レティキュラム)の俗称。別名を蜂巣胃(はちのすい)、網胃(あみい)ともいう。




  1. ^ 畜産副生物の知識”. 公益社団法人日本食肉協議会. 2020年8月8日閲覧。


「ハチノス」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ハチノス」の関連用語

ハチノスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ハチノスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
東京藝術大学 鍛金研究室東京藝術大学 鍛金研究室
Copyright (C) 2021 東京藝術大学 美術学部 工芸科 鍛金研究室 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのハチノス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS