疲労感とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 疲労感の意味・解説 

疲労

(疲労感 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/05 05:52 UTC 版)

疲労(ひろう、: Fatigue)は、無力英語版とは異なる主観的感覚であり、徐々に始まる。無力とは異なり、疲労は休息(睡眠)によって軽減することができる。


  1. ^ Gandevia SC (1992). “Some central and peripheral factors affecting human motoneuronal output in neuromuscular fatigue”. Sports Medicine 13 (2): 93–8. doi:10.2165/00007256-199213020-00004. PMID 1561512. 
  2. ^ Hagberg M (1981). “Muscular endurance and surface electromyogram in isometric and dynamic exercise”. Journal of Applied Physiology 51 (1): 1–7. PMID 7263402. 
  3. ^ “Fatigue revisited”. Journal of sports sciences 15 (3): 245–6. (1997). doi:10.1080/026404197367245. PMID 9232549. 
  4. ^ “Mental fatigue impairs physical performance in humans”. Journal of Applied Physiology 106 (3): 857–864. (January 2009). doi:10.1152/japplphysiol.91324.2008. PMID 19131473. 
  5. ^ Berrios GE (1990). “Feelings of fatigue and psychopathology: a conceptual history”. Compr Psychiatry 31 (2): 140–51. doi:10.1016/0010-440X(90)90018-N. PMID 2178863. http://linkinghub.elsevier.com/retrieve/pii/0010-440X(90)90018-N. 
  6. ^ Hill, A. V.; Kupalov, P. Proc. R. Soc. London Ser. B, 1929, 105, 313.
  7. ^ a b Perspective: Allen, D.; Westerblad, H. Science, 2004, 305, 1112-1113. DOI: 10.1126/science.1103078
  8. ^ Nielsen, O. B.; de Paoli, F.; Overgaard, K. J. Physiol. 2001, 536, 161-166. doi:10.1111/j.1469-7793.2001.t01-1-00161.x
  9. ^ Pedersen, T. H.; Nielsen, O. B.; Lamb, G. D.; Stephenson, D. G. Science 2004, 305, 1144-1147. doi:10.1126/science.1101141
  10. ^ 新たな乳酸の見方、八田 秀雄、学術の動向、Vol. 11 (2006) No. 10
  11. ^ 【医師監修】疲労回復の方法や対策を解説!”. ハルメク美と健康 (2020年11月16日). 2020年11月16日閲覧。


「疲労」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「疲労感」の関連用語

疲労感のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



疲労感のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの疲労 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS