べたとは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > タクシー用語 > べたの意味・解説 

べた

[名・形動

すきまなく物が並んでいること。一面に広がっていること。また、そのさま。「べたに塗りたくる」「今週はべたに予定が詰まっている」

印刷用の絵や漫画などで、単色(主に黒色)で塗りつぶすこと。また、網点(あみてん)印刷で、網点面積100パーセントの状態。「べたを入れる」

俗に、ひねりがなく、面白味に欠けるさま。「べたな駄じゃれ」

べた焼き」の略。「べたで焼く」

べた組み」の略。「ぎっしりべたで組む」

名詞、また名詞準じるの上に付いて、すっかり、完全に、などの意で、下の動作強め言い方。「べたぼめ」「べた惚れ」「べた凪(なぎ)」


ベタ【betta】


べた

1⃣ 〔形動〕 すきまのないさま。一面に広がっているさま。また、すっかりその状態になっているさま。びっしり

洒落本深川手習草紙(1785)中「わっちゃあんまりべたで恥しいが、いっそぬしにどうかしたよ」

草枕(1906)〈夏目漱石〉八「一寸見当の付かないものが、べたに描いてある」

2⃣ 〔語素多く動詞名詞化した語の上に付いて、すきまなく一面に及ぶ、また、すっかりそうなるなどの意を添える。「べた塗り」「べた書き」「べたぼめ」「べたぼれ」など。

*もはや「戦後」ではない(1956)〈中野好夫〉「どうした心理か、ベタ足している一部日本人階層論外として」

3⃣ 〔名〕

① 「べたやき(━焼)」の略。

② 「べたぐみ(━組)」の略。

社会観万年筆(1914)〈松崎天民現代女学生六号ベタ二十字詰二十九行三段一頁のが八頁もあり」

印刷物で、ある部分のすべてがインキで覆われている状態をいう。網点印刷では、網点面積一〇〇%のこと。また転じて、印刷用の絵などで、ある部分黒く塗りつぶすこと。「ベタを入れる」

*守礼の門(1948)〈丹羽文雄〉「紙の上段には、天アキベタぬきと朱印を捺したり」


ベタ

べた - 乗務員さんの用語(嫌)

高速道路ではない、一般道路。または、一般道路を走る事。

ベタは時間がかかるし、疲れる。地べたとも云う
非常に感じが出ている。秀逸

べた

  1. 男女衣服一般をいう、又は女を犯すことをいう。

べた


べた

  1. 壁。〔第五類 一般建物

べた


べた

  1. 活版の用語、ルビ振仮名)を附せず且つ行間を狭くし押しつめて活字を組むこと。べた組み

分類 活版


ベタ

読み方:べた

  1. 女ヲ犯シタルコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・福島県
  2. 女を犯すことを云ふ。

分類 福島県


ベタ

読み方:べた

  1. 鬢付ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・大分県

分類 大分県


ベーター

読み方:べた,べーたー

  1. エレベーターノ意。「デバノベータヲ使フ」ト良ク云フ。
  2. 〔犯〕エレベーターのこと。
  3. エレベーター省略語。〔す〕

分類 す/犯罪掏摸犯罪者

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ベタ (曖昧さ回避)

(べた から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/27 04:13 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動

ベタ

関連項目

外部リンク




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「べた」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||


7
100% |||||

8
100% |||||


10
100% |||||

べたのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



べたのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
タクシーサイトタクシーサイト
Copyright(c) 2000-2021 taxisite Inc. All Rights Reserved.
タクシー業界用語辞典
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのベタ (曖昧さ回避) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS