農業災害補償制度とは?

Weblio 辞書 > 業界用語 > 農林水産用語 > 農業災害補償制度の意味・解説 

農業災害補償制度

 自然災害病虫害等の農業災害によって受ける損失保険の仕組みにより補てんすることにより、農業経営安定を図り、農業生産力発展資することを目的とする、農業災害補償法に基づく制度
 この制度により運用される事業を「農業共済」といい、「NOSAI」の俗称もある。

農業災害補償制度

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2015/08/14 06:21 UTC 版)

農業災害補償制度(のうぎょうさいがいほしょうせいど)は農業災害補償法に基づき、自然災害による農作物・畜産物等への損害が発生した場合、再生産が行えるように被害の一定割合を補償する制度である。国の災害対策の一環として行われる公的保険制度であり、農業共済制度(のうぎょうきょうさいせいど)NOSAI制度(のうさいせいど)とも呼ばれる。これらの事業を行うため、各地域に農業共済組合が設置されているが、農業協同組合とは全くの別団体である。




「農業災害補償制度」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「農業災害補償制度」の関連用語

農業災害補償制度のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



農業災害補償制度のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
農林水産省農林水産省
Copyright:2020 The Ministry of Agriculture, Forestry and Fisheries of Japan
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの農業災害補償制度 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS