純粋培養とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 生物学 > 培養 > 純粋培養の意味・解説 

じゅんすい‐ばいよう〔‐バイヤウ〕【純粋培養】

[名](スル)

細菌カビなどを、他の種類混在させない状態で、一種類だけ培養すること。

子供社会の悪い面から隔離して成育させること。「純粋培養されたお坊ちゃん

比喩的に)新卒就職した企業・団体に定年まで勤め続けること。また、幼稚園小学校から大学まで系列校に在学し、卒業後もその学校定年まで勤めていること。

[補説] 他の社会知らず視野の狭いことを皮肉るのに使うこともある。


じゅんすい‐ばいよう ‥バイヤウ 【純粋培養】

〔名〕

生物のある一種類だけを分離し、他の種類混入させない状態で培養すること。フランスパスツールドイツコッホによって確立病原体観察などに用いる。純培養。〔稿本化学語彙1900)〕

比喩的に、子どもを社会の悪い面から隔離して成育させることや、ある特定の能力だけを身につけるように育てることをいう。


純粋培養(じゅんすいばいよう)

目的とする微生物単一菌株)だけを増殖させること。



純粋培養と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「純粋培養」の関連用語

純粋培養のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



純粋培養のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本酒日本酒
(c)Copyright 1999-2021 Japan Sake Brewers Association

©2021 GRAS Group, Inc.RSS