市民権の確立とは? わかりやすく解説

市民権の確立

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/28 16:38 UTC 版)

北西部条例 (アメリカ)」の記事における「市民権の確立」の解説

条例市民権条項アメリカ合衆国憲法最初の修正条項10か条である権利章典前触れになった1787年条例考え方保障することの多くアメリカ合衆国憲法権利章典そのまま取り込まれた。北西部領土では、様々な法的権利財産権法制化された。宗教的寛容性が宣言され、「宗教道徳および知識」は「善良なる政府と、人類の幸福、学校と教育手段必要な」ものとして宣言されたヘイビアス・コーパス人身保護)の権利盛り込まれ宗教礼拝の自由と過度の科料および残酷かつ異常な刑罰禁止うたわれた裁判に訴える権利と法の遡及的な適用禁止認められた

※この「市民権の確立」の解説は、「北西部条例 (アメリカ)」の解説の一部です。
「市民権の確立」を含む「北西部条例 (アメリカ)」の記事については、「北西部条例 (アメリカ)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「市民権の確立」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

市民権の確立のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



市民権の確立のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの北西部条例 (アメリカ) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS