市民文藝とは? わかりやすく解説

市民文藝

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/29 17:26 UTC 版)

帯広市図書館」の記事における「市民文藝」の解説

地域根ざした独自の文化創造及び発展目指し地域文芸振興を図ること」を目的とし、地域住民からの公募作品によって作られる文芸書である。十勝管内住民であれば年齢関係なく応募でき、帯広市教育委員会委嘱した編集委員会による選考経て優秀作品には市民文藝賞などが贈られるほか、入選作品が「市民文藝」誌に掲載される募集ジャンル小説戯曲文芸評論随筆ノンフィクション童話、詩、短歌俳句川柳10分野にわたる。1961年11月第1号発行され以来地元書き手発掘育成、そして地域文芸愛好者のための発表の場として年1回程度発行続けられ2012年12月に第52号まで達した。市民文藝賞の受賞者中には、のちに全国公募文学賞受賞するなどして作家評論家となった者も多く過去に春山希義海保進一近藤潤一、神谷忠孝らの作品が市民文藝誌上掲載されている。

※この「市民文藝」の解説は、「帯広市図書館」の解説の一部です。
「市民文藝」を含む「帯広市図書館」の記事については、「帯広市図書館」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「市民文藝」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

市民文藝のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



市民文藝のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの帯広市図書館 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS