子宮内膜とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ヘルスケア > 器官 > 内膜 > 子宮内膜の意味・解説 

子宮内膜

もともとはごく薄い膜ですが、卵巣から卵胞ホルモン分泌され始めると、次第に厚みを増していきます。最も厚くなるのは排卵の頃で、約10mmにもなります。
子宮内膜は大きく2層からなり表面側を機能層、その下を基底層といいます。月経は、このうち機能層の部分女性ホルモン作用増殖し、はがれ落ちるものです。内膜増殖する時期には、栄養を送るための血管盛んに発育します。


子宮内膜

【仮名】しきゅうないまく
原文endometrium

子宮内側を覆っている組織層。

子宮内膜

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/02/04 10:25 UTC 版)

子宮内膜(しきゅうないまく、: Endometrium)は、哺乳類子宮に存在する上皮組織






「子宮内膜」の続きの解説一覧



子宮内膜と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「子宮内膜」の関連用語

子宮内膜のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



子宮内膜のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
花王ロリエ花王ロリエ
Copyright © 1994-2019 KAO CORPORATION. All Rights Reserved.
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2019 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの子宮内膜 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS