石川喬司とは?

Weblio 辞書 > 人名 > 探偵作家事典 > 石川喬司の意味・解説 

石川喬司(いしかわ・たかし)

1930年(昭5)、愛媛県生まれ東京大学仏文学科卒。毎日新聞社にて、「小説サンデー毎日」副編集長などを勤める。
1962年(昭37)、「岬の女」を「SFマガジン」に発表
1963年(昭38)、日本SF作家クラブ発足参加する。
1966年(昭41)に「ミステリマガジン」に発表した「極楽の鬼」が、1967年(昭42)に第20日本推理作家協会賞候補となる。
1968年(昭43)、「図書新聞」に発表した「ミステリー見本市」で探偵小説評論活動をおこなう。
1977年(昭52)に「カッパまがじん」に発表した「次号予告」が1978年(昭53)に第31日本推理作家協会賞短編部門候補となる。同時に日本推理作家協会の「推理小説代表作選集 推理小説年鑑 1977年版」に収録される。
1977年(昭52)に刊行した「SF時代」により、1978年(昭53)、第31日本推理作家協会賞評論その他部門受賞
1978年(昭53)に「SFマガジン」に発表した「世界から言葉引けば」は日本文藝家協会の「現代小説'78」に収録される。
1979年(昭54)に「朝日新聞」に発表した「日曜日は赤」は日本文藝家協会の「現代小説'79」に収録される。
1981年(昭56)に「世界」に発表した「彗星伝説」は日本文藝家協会の「ザエンターテインメント 1982」に収録される。
1988年(昭63)に発表した「ひとごろし」は日本文藝家協会の「現代小説 1989」に収録される。
1992年(平4)に「問題小説」に発表した「逢いたくて」は日本文藝家協会の「現代小説 1993」に収録される。



石川喬司

以下の映画石川喬司関連しています。


石川喬司

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/19 00:43 UTC 版)

石川 喬司(いしかわ たかし 1930年9月17日 - )は愛媛県出身の作家評論家


  1. ^ a b c d 『SFマガジン』1964年7月号。
  2. ^ 『日本SF短篇50(1)』早川書房


「石川喬司」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「石川喬司」の関連用語

石川喬司のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



石川喬司のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち
この記事は「探偵小説専門誌「幻影城」と日本の探偵作家たち」の記事を転載しております。
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの石川喬司 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS