大平貴之とは?

大平 貴之

大平貴之の画像 大平貴之の画像
芸名大平 貴之
芸名フリガナおおひら たかゆき
性別男性
生年月日1970//
出身神奈川県
URLhttp://www.megastar.jp/index.php
プロフィール小学生の頃から数々プラネタリウム自作取り組み大学時代アマチュアでは前例のないレンズ投影式プラネタリウムアストロライナー」を完成1998年これまでの100以上にあたる150個(最終形170個)の星を映し出すMEGASTARメガスター)」をIPS国際プラネタリウム協会ロンドン大会発表話題となる。2004年には、日本科学未来館共同開発した投影星数560個の「MEGASTAR-II cosmos」がギネスワールドレコーズ認定された。愛知万博をはじめとした各地での移動公演の他、松任谷由実KIROROバンプオブチキンナナムジカSINSKEなどアーティストとのコラボレーションなどを積極的に行いプラネタリウム新機軸確立セガトイズ共同開発した世界初光学式家庭用プラネタリウム「HOMESTAR」シリーズ世界累計65台を超える大ヒット商品となる。2008年6月には投影星数2200個の「SUPER MEGASTAR-II」を発表2010年10月にはインド・ニューデリー海外常設設置2011年5月にはエストニアタルトゥ360全天プラネタリウム設置するなど海外でも活躍信条は「人間は可能は証明できるが不可能は証明できない」。2005年より東京大学特任教員和歌山大学客員助教授ネスカフェ・ゴールドブレンドのTVCM出演日本大学優秀賞川崎アゼリア輝賞、日経BP社日本イノベーター大賞優秀賞、ブルガリドリームアワード2006文部科学大臣表彰受賞著書に『プラネタリウムを作りました』(エクスナレッジ)がある。2005年にはフジテレビにてテレビドラマ化され放送された(『星に願いを~7畳間で生まれ410の星~』)。
代表作品1CM『ネスカフェ・ゴールドブレンド』
職種文化人

» タレントデータバンクはこちら

大平貴之

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/06 00:32 UTC 版)

大平 貴之(おおひら たかゆき、1970年(昭和45年)3月11日 - )は日本のエンジニアプラネタリウムクリエイター。ギネスワールドレコーズ認定された光学式プラネタリウム「メガスター」シリーズ、世界初の家庭用レンズ式プラネタリウム「ホームスター」シリーズ、移動式宇宙体感シアター「SPACE BALL」などの開発者。
日本大学第二高等学校日本大学生産工学部機械工学科卒業。日本大学大学院理工学研究科精密機械工学専攻修士課程修了。株式会社ソニー生産技術部門を経て、有限会社大平技研代表取締役。2005年日本イノベーター大賞優秀賞、2006年文部科学大臣表彰 科学技術賞を受賞。
2003年に出版した自伝『プラネタリウムを作りました。―7畳間で生まれた410万の星』は、2005年に「星に願いを〜七畳間で生まれた410万の星〜」としてテレビドラマ化された。




注釈

  1. ^ 宇宙オープンラボは宇宙航空研究開発機構との共同研究[1]
  2. ^ スカイプラネタリウムは六本木ヒルズ森タワーで開催された[1]
  3. ^ 受賞理由 - 「世界最高性能可搬型プラネタリウムによる科学技術の理解増進[3]
  4. ^ 前作に加筆・修正と、2010年までの大平の足取りを綴った書き下ろしを加えたもの[29]

出典

  1. ^ a b c d e f g h 大平貴之 客員教授”. 教員紹介. 相模女子大学. 2014年2月13日閲覧。[リンク切れ]
  2. ^ 大平 2003, 著者紹介.
  3. ^ a b c d 大平 2006, p. 3.
  4. ^ a b c 大平 2003.
  5. ^ 大平貴之「世界初の光学式家庭用プラネタリウム」、『日本機械学会誌』第116巻第1141号、2013年、12月、826-827頁。
  6. ^ a b c 大平貴之「ソニーで「MEGASTAR」を事業化しようとした話」、『日経エレクトロニクス』第1138号、日経BP社、2014年7月7日、 75-80頁、 NAID 40020110169
  7. ^ 飛田和輝、大平貴之、梶谷誠、金森哉吏、明愛国「光磁気記録を応用したロータリエンコーダの試作」、『精密工学会誌』第67巻第1号、2001年1月、 96-100頁。
  8. ^ 飛田和輝、大平貴之、梶谷誠、金森哉吏、明愛国「光磁気記録を応用したロータリエンコーダの試作(第2報) ―光磁気記録式ロータリエンコーダの補正転写記録―」、『精密工学会誌』第67巻第12号、2001年、 1976-1980頁。
  9. ^ a b 大人の科学マガジン Vol.09(プラネタリウム)”. 学研出版サイト. 学研. 2015年12月5日閲覧。
  10. ^ テレビドラマデータベース.
  11. ^ 高嶋 2013.
  12. ^ 大平貴之客員教授の退任について”. News&Topics. 相模女子大学 (2014年8月4日). 2015年3月24日閲覧。
  13. ^ a b c d e f ABOUT”. メガスターオフィシャルサイト. 有限会社大平技研. 2018年5月6日閲覧。
  14. ^ 【特集4】スタークルーズ プラネタリウム” (2013年10月23日). 2014年2月13日閲覧。
  15. ^ アニメ「NORN9 ノルン+ノネット」に星空データ提供。1/7からTOKYO MX他で放送開始!”. NEWS. 有限会社大平技研 (2016年1月6日) 2018年5月5日閲覧。
  16. ^ 庄司亮一(2015年10月13日). “10億個の星を投影するプラネタリウム恒星原板「GIGAMASK」。ソニーのBD製造技術活用”. AV Watch. 2018年5月6日閲覧。
  17. ^ 山下 2016a.
  18. ^ 山下 2016b.
  19. ^ 永井光晴 (2016年7月29日).“これぞハイレゾの星空! 家庭用プラネタリウム「MEGASTAR CLASS」体験会に読者限定招待”. PHILE WEB. 2018年5月6日閲覧。
  20. ^ 庄司亮一(2016年1月21日).“100万の星を映す、個人向け超小型プラネタリウム「MEGASTAR CLASS」”. AV Watch. 2018年5月6日閲覧。
  21. ^ 土肥 2019, p. 2.
  22. ^ 特許第6425210号 反射鏡集合体を用いた星空の投影装置”. astamuse. 2019年5月3日閲覧。
  23. ^ 土肥 2019, pp. 2-4.
  24. ^ 土肥 2019, pp. 1-4.
  25. ^ 土肥 2019, p. 4.
  26. ^ 土肥 2019, p. 1.
  27. ^ japan.internet.com 編集部 (2012年10月5日). “移動式大型宇宙体感シアター「SPACE BALL」が始動、体験イベントが全国で展開”. 2014年2月22日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2014年2月13日閲覧。
  28. ^ 工業所有権情報・研修館特許情報プラットフォーム」調べ(トップページ)、2018年5月6日閲覧。
  29. ^ プラネタリウムを作りました。【改訂版】”. 書籍検索. X-Knowledge. 2018年5月5日閲覧。
  30. ^ 最高の星空を求めてアルマ望遠鏡建設予定地を訪れる。アルマ通信 (2011年10月13日). “2011年10月13日 プラネタリウムクリエイター大平貴之さん、アルマ訪問”. 2011年12月12日閲覧。
  31. ^ 株式会社テレビ東京ホールディングス (2013年7月22日). “大好評!移動式宇宙体感シアター「SPACE BALL」注目のベイエリア・豊洲で開催!星空の彼方 宇宙の果てへ旅立つ”. 2014年2月13日閲覧。
  32. ^ vol.1030 2018年12月02日(日)放送分 大平貴之(プラネタリウム・クリエイター)”. 情熱大陸. TBS. 2019年5月3日閲覧。
  33. ^ #435 プラネタリムクリエイター 大平貴之 今回訪れたのは、「横浜にあるボクシングジム」2019.4.28”. 1Hセンス. フジテレビ. 2019年5月3日閲覧。


「大平貴之」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「大平貴之」の関連用語

大平貴之のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



大平貴之のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
タレントデータバンクタレントデータバンク
Copyright © 2019 Talent Databank Co.,ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大平貴之 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS