生き物文化誌学会とは?

生き物文化誌学会

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/12/27 03:08 UTC 版)

生き物文化誌学会(いきものぶんかしがっかい、英名 The Society of Biosophia Studies)は、「生き物」[1]が人間文化とどのように関わっているのか、その物語を調べていくことを目的とし、地域から日本、さらに地球全体に関わるさまざまな次元で、「生き物」をめぐる豊かな智と情報の発掘(「生き物文化誌」の探求、共有、発信)を目指す学会。学者や研究者だけではなく、「生き物」とその文化に興味をもつ人が参加出来る集まりである[2]


[ヘルプ]
  1. ^ ここであつかう「生き物」は、一般の生物だけでなく、伝承河童のような「生き物」までを含む。
  2. ^ a b 生き物文化誌学会とは
  3. ^ 生き物文化誌学会「さくら基金」


「生き物文化誌学会」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「生き物文化誌学会」の関連用語

生き物文化誌学会のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



生き物文化誌学会のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの生き物文化誌学会 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS