特別の配慮とは? わかりやすく解説

特別の配慮

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/02 03:11 UTC 版)

商工組合中央金庫」の記事における「特別の配慮」の解説

ただし、民営化法が可決される際、衆参両院付帯決議がなされ、当金庫の金融機能確実に維持するために、金融行政のうえで特に配慮を行うこと、必要十分財政措置を講じることが確認されている。また、民営化法では、当庫が買収を受けて中小企業金融分野から撤退することがないよう、法律をもって株主資格特別の制限付した。 なおこの一連の組織改編は、政府系金融機関抜本再編一角で、他にも政府系金融機関抜本改革同時進行中である。 詳細は「政府系金融機関#政策金融改革を参照

※この「特別の配慮」の解説は、「商工組合中央金庫」の解説の一部です。
「特別の配慮」を含む「商工組合中央金庫」の記事については、「商工組合中央金庫」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「特別の配慮」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

特別の配慮のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



特別の配慮のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの商工組合中央金庫 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS