契約店長制とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 流通用語 > 契約店長制の意味・解説 

契約店長制

新し人事管理と、出店の2つを組み合わせ制度出店費用本社負担し、独立してやる気と力のある社員契約店長として店の経営全面的任せあがった利益業績配分するという制度直営店よりスピードのある出店ができ、フランチャイズ方式よりも、堅実経営が可能だという経営上の利点がある。同時に社員待遇上の改善も、これを通じて実現していく方向考えられている。

契約店長制

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/02/25 21:12 UTC 版)

契約店長制(けいやくてんちょうせい)とは日本企業経営においてとられている制度である。これはチェーン店方式をとっている企業が新規出店を行う場合に、出店費用を本部が負担し、店長は社内にいる独立開業を希望している社員を任命し契約店長という肩書きにして、店の経営はその社員に全面的に任せるという形式である。この場合の店から出た利益というのは業績に応じて配分されるということになっている。




「契約店長制」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

契約店長制のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



契約店長制のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2019by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの契約店長制 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS