自衛消防組織_(防火対象物)とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 自衛消防組織_(防火対象物)の意味・解説 

自衛消防組織 (防火対象物)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/21 00:23 UTC 版)

自衛消防組織(じえいしょうぼうそしき)は消防法8条の2の5に基づき一定規模を有する防火対象物管理権原者に設置が義務付けられている防火対象物内の事業所の従業員により構成された自衛の消防組織。




  1. ^ これらに該当しない用途の例として共同住宅、倉庫等がある
  2. ^ 自衛消防業務講習 一般財団法人 日本消防設備安全センター
  3. ^ 管理権原が複数に分かれている場合において通常統括防火管理者をもって統括管理者に充てる。ただし統括防火管理者と自衛消防組織の統括管理者は異なるものである。


「自衛消防組織 (防火対象物)」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「自衛消防組織_(防火対象物)」の関連用語

自衛消防組織_(防火対象物)のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



自衛消防組織_(防火対象物)のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの自衛消防組織 (防火対象物) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS