サガリバナとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 自然 > 生物 > 植物 > 観賞用樹木 > サガリバナの意味・解説 

さがり‐ばな【下がり花】

読み方:さがりばな

サガリバナ科常緑樹湿地自生枝先集まってつき、付け根から、白または淡紅色の花が総状垂れ下がって咲く。琉球列島以南熱帯分布


玉蕊

読み方:サガリバナ(sagaribana)

サガリバナ科常緑高木


下花

読み方:サガリバナ(sagaribana)

サガリバナ科常緑高木

学名 Barringtonia racemosa


玉蘂

読み方:サガリバナ(sagaribana)

サガリバナ科常緑高木

学名 Barringtonia racemosa


サガリバナ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/24 08:44 UTC 版)

サガリバナ(下り花、Barringtonia racemosa)は、サガリバナ科の常緑高木。別名、サワフジ[1]


  1. ^ 米倉浩司・梶田忠 (2003-). “Barringtonia racemosa (L.) Spreng”. BG Plants 和名−学名インデックス(YList). 2020年2月16日閲覧。
  2. ^ “サガリバナ大群落の保護を 国立公園区域拡大を計画”. 八重山毎日新聞. (2012年11月13日). http://www.y-mainichi.co.jp/news/21280/ 
  3. ^ “国立公園、石垣北部を追加”. 八重山毎日新聞. (2015年8月26日). http://www.y-mainichi.co.jp/news/28170/ 
  4. ^ “西表石垣国立公園を拡張 平久保サガリバナ群落編入”. 八重山毎日新聞. (2016年4月6日). http://www.y-mainichi.co.jp/news/29622/ 
  5. ^ 平久保半島のサガリバナ群落地の国立公園指定について (PDF)”. 石垣市. 2020年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月16日閲覧。
  6. ^ ペーブク(平久保)のサガリバナ群落”. おきなわ 緑と花のひろば. 沖縄県 環境部環境再生課. 2014年10月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月16日閲覧。
  7. ^ 世界遺産一覧表記載推薦書 奄美大島、徳之島、沖縄島北部及び西表島(仮訳) (PDF)”. 日本政府 (2019年1月). 2020年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月16日閲覧。
  8. ^ 前良”. やえやまなび. 南山舎. 2020年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月16日閲覧。
  9. ^ 後良川”. やえやまなび. 南山舎. 2016年8月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月16日閲覧。
  10. ^ サガリバナ”. 神代植物公園へ行こう!. 公益財団法人東京都公園協会. 2020年2月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月16日閲覧。
  11. ^ NHKドキュメンタリー - ニッポン印象派「南の島の一夜花」”. NHK. 2019年10月15日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年2月16日閲覧。
  12. ^ a b c d サガリバナとは”. コトバンク. 2020年2月16日閲覧。


「サガリバナ」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

サガリバナのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



サガリバナのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのサガリバナ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS