コーヒー飲料とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 食物 > 飲料 > 飲料 > コーヒー飲料の意味・解説 

コーヒー飲料

「コーヒー飲料等の表示に関する公正競争規約」に従った、リキッド液体の)コーヒー製品分類のひとつ。コーヒー豆使用量が、内容量100g中に生豆換算2.5g以上5g未満使用されているものを「コーヒー飲料」と言う


コーヒー飲料

コーヒーひとくちに言っても、豆の種類産地によって味わい異なりますし、豆の焙煎炒ること)によっても様々な香り生まれます。缶入りコーヒー同様に、豆のブレンド抽出方法工夫などによって、実に多様なおいしさが完成します。ゴクゴク飲む楽しさから、手軽に味わう本格派のおいしさまで、缶コーヒー世界大きく広がっています。

【コーヒー飲料のいろいろ】
※「コーヒー飲料などの表示に関する公正競争規約」に基づく区別

名称 内容量100グラム中の生豆使用
コーヒー 5グラム以上
コーヒー飲料 2.5グラム以上5グラム未満
コーヒー入り清涼飲料 1グラム以上2.5グラム未満

また、飲料の中で乳固形分を3%以上を含むものは「乳および乳製品成分規格に関する省令に基づき乳飲料になります。(カフェ・オ・レミルクココアなどでこれにあたるものがあります

コーヒー

(コーヒー飲料 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/19 05:52 UTC 版)

コーヒーオランダ語: koffie[2] /ˈkɔfi/  コフィ[ヘルプ/ファイル])は、コーヒー豆コーヒーノキの種子)を焙煎して挽いた粉末から、湯またはで成分を抽出した飲料。歴史への登場はには遅れるが、世界各地[3][4]で愛飲されている嗜好飲料である。家庭や飲食店、職場などで飲用され、コーヒーの専門ショップも多数存在する。抽出前の粉末や粉砕前の焙煎豆も、同じくコーヒーと呼ばれることもある。日本語での漢字表記は「珈琲[5]




注釈

  1. ^ 蜀山人として知られる。「本業は幕府の実直な役人…大阪の銅座や長崎奉行所にも転勤した。長崎には…外国船が近海に現れ始めたころで、ロシア帝国の特使ニコライ・レザノフ と会見している。オランダ船でコーヒーを飲み、日本初の体験記を残した。ただ、感想は「焦げ臭くして味ふるに堪ず」と素っ気なかった[6]
  2. ^ 説明として示した味に関する評価は、焙煎や抽出の状態や、生産地における栽培品種のトレンドの変化により大きく変わる。
  3. ^ コーヒー豆の銘柄としての「ブルーマウンテン」はコーヒーの品種としての「ブルーマウンテン」とは意味合いが異なる。
  4. ^ シンガーソングライター・井上陽水の著名な持ち歌で『コーヒールンバ』があるが、歌詞中の「モカマタリ」はこれに該当する。
  5. ^ コーヒー豆の銘柄としての「モカ」はコーヒーの品種としての「モカ」とは意味合いが異なる。
  6. ^ 一例を挙げると、コーヒーを含む飲料を販売するダイドードリンコは、自社の昼休みにコーヒーを飲んでから短時間の昼寝をして、睡眠とそこから目覚める頃から発揮されるコーヒーの作用で、午後の業務を効率化する取り組みを導入し、他社にも薦めている[34]
  7. ^ ちなみに、この研究結果は科学誌のサイエンティフィック・リポーツ(Scientific Reports)に掲載されている。
  8. ^ この研究論文は学術誌のヒューマン・モレキュラー・ジェネティクスドイツ語版英語版(Human Molecular Genetics)に掲載されている。
  9. ^ この研究の詳細は医学誌のジャマ・ダーマトラジー英語版ドイツ語版(JAMA Dermatology)オンライン版(10月17日付)に掲載されている。
  10. ^ なお、コーヒーの酸化と「コーヒーはアルカリ性飲料」とを結びつけて「新しいコーヒー=アルカリ性で体にいい」「古いコーヒー=酸化=『酸』化=体に悪い」という図式から健康との関係を説明しようとする人もいる。
  11. ^ 同じくハンガリーの数学者であるポール・エルデシュがこの言葉を気に入り、多用していた。そのため、エルデシュがこの言葉を"考えた"との誤解が根強い。

出典

  1. ^ 文部科学省日本食品標準成分表2015年版(七訂)
  2. ^ a b 伊藤博『コーヒー事典』保育社、1994年、ISBN 978-4-586-50869-3
  3. ^ 全日本コーヒー協会 9.世界の国別生産量 10.世界の国別一人当たり消費量
  4. ^ 味の素AGF 世界の消費量 と 世界の一人当たりコーヒー消費量
  5. ^ a b フリーランス雑学ライダーズ編『あて字のおもしろ雑学』 p.125 1988年 永岡書店
  6. ^ 「春秋」『日本経済新聞』朝刊2014年9月8日
  7. ^ 「弘前はコーヒーの街」宣言
  8. ^ コーヒー豆備蓄廃止 スイスで議論沸騰/政府「栄養なし」■反対派「生活に密着」読売新聞』朝刊2019年4月27日(国際面)2019年5月17日閲覧。
  9. ^ 【点検 世界シェア】コーヒー/ネスレ伸長、独走続く『日経産業新聞』2019年8月5日(食品・日用品・サービス面)。
  10. ^ 「10月1日コーヒーの日」のお知らせ全日本コーヒー協会(2019年10月1日閲覧)
  11. ^ 奥山儀八郎「かうひい異名熟字一覧(木版画)」『珈琲遍歴』四季社、1957年
  12. ^ [1]
  13. ^ a b 広瀬幸雄・圓尾修三・星田宏司『コーヒー学入門』人間の科学社、2007年、p.30-33
  14. ^ 「コーヒー、需給逆転の足音/長引く安値で生産減懸念」日本経済新聞』朝刊2019年5月23日(マーケット商品面)2019年5月24日閲覧。
  15. ^ 沖縄コーヒー生産組合 | 国産コーヒーを沖縄から
  16. ^ 小笠原コーヒー / シアトル発 スペシャルティ・オーガニックコーヒー豆販売 / カフェアパショナート東京
  17. ^ スペシャルティコーヒーとコンビニコーヒーの違いは”. THE COFFEESHOP. 2020年3月5日閲覧。
  18. ^ 日本産のコーヒー、一体日本のどこで生産されてるの?”. 珈琲特急便 (2018年12月12日). 2020年3月5日閲覧。
  19. ^ 味を生み出す | 品質へのこだわり | 会社情報|株式会社ドトールコーヒー”. www.doutor.co.jp. 2018年9月30日閲覧。
  20. ^ エキストラコーヒーが守りつづけるこだわり
  21. ^ 「コーヒー豆の個性、楽しむ 食べ物との相性で変わる風味」朝日新聞』朝刊2018年3月1日(生活面)
  22. ^ V60円すい形ドリッパー - HARIO
  23. ^ 俺のワイルド珈琲道/煮るだけ 待つだけ 注ぐだけ日経MJ』2018年6月29日(トレンド面)2018年7月15日閲覧
  24. ^ 日経メディカル2011/12/7 グリーンコーヒーのエキスに血糖コントロール改善の可能性
  25. ^ Summa cafe(日本語)
  26. ^ 川股 一城 (2016). “フィールドワーク便り:嗜好品の原産地と世界市場のあいだ エチオピアでは味わえないエチオピア産のコーヒー”. アジア・アフリカ地域研究 16 (1): 115-9. 
  27. ^ 「ドラフト(生)コーヒー 残暑にグイッ/黒ビールそっくり/軽い味わい、試してみる?」『日経MJ』2016年8月29日(トレンド面)。
  28. ^ ホット缶コーヒーにおける化学変化 〜分析とその応用例〜
  29. ^ コーヒー変身、働く人に合わせ ペットボトル人気/デスクで一息「ちびだら飲み」『日本経済新聞』夕刊2018年2月17日
  30. ^ 日本コーヒー文化学会『コーヒーの事典』柴田書店、2001年、p. 126
  31. ^ 「まるでコーヒー キリンビバ、激戦区に麦由来の飲料」『日本経済新聞』ニュースサイト(2018年5月9日)2018年5月16日閲覧。
  32. ^ J. W. Armstrong and Earl Campbell, "Caffeine as a repellent for slugs and snails R.G.Hollingsworth" 『ネイチャー』2002年6月27日号 915ページ
  33. ^ It's Your Health – Caffeine”. Health Canada (2010年3月). 2010年11月8日閲覧。
  34. ^ 「コーヒー」×「昼寝」ダイドードリンコ(2017年12月29日)
  35. ^ コーヒーが好まれるのはなぜ? 興味深い「心理的」影響が明らかに”. Forbes JAPAN (2018年11月17日). 2018年11月18日閲覧。
  36. ^ コーヒーやビール、愛飲の理由は味でなく「気分の高揚」 米研究”. AFPBB News (2019年5月3日). 2019年5月4日閲覧。
  37. ^ 野田-光彦「コーヒーの医(からだの科学primary選書1)」日本評論社(2010)
  38. ^ 立石絵美、韓立坤、奥田拓道、ラットにおける食後の血糖値に及ぼすコーヒー豆の熱水抽出物の影響、立石絵美ほか、栄養学雑誌 Vol.62(2004) No.6
  39. ^ 精神的要因、コーヒーと糖尿病との関連について、独立行政法人 国立がん研究センター がん予防・検診研究センター 予防研究部
  40. ^ Yahoo!ニュース(朝日新聞デジタル 5月7日(木)11時31分)コーヒーや緑茶、1日数杯で長寿効果 19年間追跡調査
  41. ^ コーヒー摂取と全死亡・主要死因死亡との関連について、独立行政法人 国立がん研究センター 予防研究部
  42. ^ 緑茶摂取と全死亡・主要死因死亡との関連について、独立行政法人 国立がん研究センター 予防研究部
  43. ^ CAFFEIC ACID(Group 2B) (Report). International Agency for Research on Cancer(IARC). (1997-08-21). Summaries & Evaluations. http://www.inchem.org/documents/iarc/vol56/03-caff.html. 
  44. ^ a b Agents Classified by the IARC Monographs, Volumes 1–106IARC、2016年7月18日閲覧
  45. ^ “コーヒー発がん性「証拠なし」 WHO、でも熱い飲み物には可能性”. 産経ニュース. (2016年6月16日). http://www.sankei.com/life/news/160615/lif1606150038-n1.html 2016年6月19日閲覧。 
  46. ^ IARC Monographs evaluate drinking coffee, maté, and very hot beverages 15 June 2016
  47. ^ 米国がん専門誌JNCI16日号、2005年。朝日新聞 平成17年2月17日記事。
  48. ^ 市民公開講座質疑応答集 がんの予防
  49. ^ 「肝がん」に罹るリスク コーヒー飲むと減る(J-CASTニュース) - 国内 - livedoor ニュース 2009年08月06日19時26分
  50. ^ Gastroenterology誌2007年5月号
  51. ^ コーヒー摂取と大腸がんとの関連について | 現在までの成果 | 多目的コホート研究 | 独立行政法人 国立がん研究センター がん予防・検診研究センター 予防研究部
  52. ^ 国立研究開発法人 国立がん研究センター 社会と健康研究センター 予防研究グループ、「喫煙、コーヒー、緑茶、カフェイン摂取と膀胱がん発生率との関係について」、2016年7月13日閲覧
  53. ^ コーヒーを飲むと「酒さ」予防につながる?”. 毎日新聞「医療プレミア」 (2018年11月17日). 2018年11月18日閲覧。
  54. ^ 脳の健康に役立つコーヒー、焙煎度で効果が異なる可能性”. ForbesJapan (2018年11月30日). 2018年12月1日閲覧。
  55. ^ 商品のご質問とお答え コーヒー一般”. 味の素AGF. 2017年11月11日閲覧。





コーヒー飲料と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「コーヒー飲料」の関連用語

コーヒー飲料のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



コーヒー飲料のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
UCCUCC
(C) 2020 UCC UESHIMA COFFEE CO.,LTD. All Rights Reserved
UCC上島珈琲コーヒー用語辞典
サントリーサントリー
COPYRIGHT © 1995-2020 SUNTORY LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.
サントリー株式会社お酒・飲料大事典
文部科学省文部科学省
食品成分値は文部科学省科学技術・学術審議会資源調査分科会報告「五訂増補 日本食品標準成分表」、 科学技術庁資源調査会編「改訂日本食品アミノ酸組成表」によります。 食品成分値を複製又は転載する場合は事前に文部科学省への許可申請もしくは届け出が必要となる場合があります。 連絡先:文部科学省科学技術・学術政策局政策課資源室 電話(03)5253-4111(代)
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのコーヒー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS