椋とは?

Weblio 辞書 > 生物 > 薬用植物一覧 > の意味・解説 

むく [1] 【椋

ムクノキのこと。
ムクドリの略。

むく 【椋】

姓氏の一。

ムクノキ

ムクノキ
科名 ニレ科
別名: -
生薬名: ゾウヨウジュゾウ葉樹
漢字表記
原産 日本 中国 インドシナ半島
用途 暖地多く自生する落葉高木。材はキノコ栽培ほだ木になり、根皮や樹皮煎じ鎮痛などに用います。また、甘く食べることができます
学名: Aphananthe aspera Planch.
   

読み方:ムク(muku)

ニレ科落葉高木園芸植物薬用植物

学名 Aphananthe aspera


読み方:むしる

  1. 帯の間の懐中時計をいう。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方
かりょう
むく
むくのき
むぐら

ムクノキ

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/11 23:41 UTC 版)

ムクノキ(椋木、椋の木、樸樹、 Aphananthe aspera)はアサ科ムクノキ属の落葉高木東アジアに分布する。単にムク(椋)、またはエノキに似るためムクエノキ(椋榎)とも言う。


注釈

  1. ^ 辞書類の中には、椋にチシャノキを結びつけるもの[1]もエゴノキを結びつけるもの[2]もある。

出典

  1. ^ эреция — с китайского на русский”. 2019年4月12日閲覧。
  2. ^ Online Japanese dictionary of Kanji words: translation of '椋' #1”. 2019年4月12日閲覧。
  3. ^ a b 諸橋大漢和』「樸」。
  4. ^ 橋本ほか 2006, p. 不明.


「ムクノキ」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2010/11/06 21:35 UTC 版)

発音


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「椋」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

椋のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



椋のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2019, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2019 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのムクノキ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2019 Weblio RSS