植民政策学とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 植民政策学の意味・解説 

植民政策学

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/10/25 07:04 UTC 版)

植民政策学(しょくみんせいさくがく、: colonial studies)は、第二次世界大戦終結以前の欧米および日本に存在していた学問分野で、政策科学および社会科学の一分野に属する。漢字では「殖民政策学」「植(殖)民学」と表記する場合もある。




  1. ^ 正確には満鉄調査部出身で植民地鉄道研究を専攻していた永雄策郎が矢内原の後任として当該科目の講義を担当した(ただし非常勤)が、平賀粛学河合栄治郎に同調して短期間で辞職した。なおその後任の担当教授である東畑も東大農学部教授(農業経済学講座担当)との兼任であった。


「植民政策学」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「植民政策学」の関連用語

植民政策学のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



植民政策学のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの植民政策学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS