霹靂とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 気象 > 気象 > かみなり > 霹靂の意味・解説 

へき‐れき【××靂】

かみなりいかずち雷鳴。「青天の霹靂

激しく鳴ること。落雷すること。また、大きな音が響き渡ること。

「—する時にも動かず」〈今昔三一三七


かみ‐とき【神解き/霹靂】

かみとけ」に同じ。〈名義抄


かみ‐とけ【神解け/霹靂】

雷が落ちること。落雷かみときかむとけ

「—に当たりしあり」〈霊異記・上〉


かむ‐とけ【神解け/霹靂】

かみとけ」に同じ。

「—してその磐(いは)をふみさいて」〈神功紀〉


へき‐れき【霹靂】

〔名〕

かみなりいかずち雷鳴なるかみ

続日本紀天平二年(730)閏六月庚子「縁去月霹靂、勅新田部親王、率神祇官之」

黒潮(1902‐05)〈徳富蘆花〉一「迅雷耳を掩ふ間もなきクーデターは〈略〉失意老翁頭上に霹靂(ヘキレキ)の如く落ちかかったのである」〔枚乗‐七発〕

② (━する) 激しく鳴ること。稲光りがすること。また、雷が落ちること。

小右記長和元年(1012)六月二八日「一昨同宿而今日霹靂彼家

③ (形動タリ)(━する) 大きな音の響きわたること。また、そのさま。

太平記14C後)三九「鉄炮〈略〉霹靂(ヘキレキ)すること閃電光の如くなるを、一度二三抛出したるに」〔南史曹景宗伝〕

[補注]「霹靂」を古くは「かみとけ」「かみとき」「かんとけ」「かんとき」などと訓じた。


かみ‐とき【神解・霹靂】

〔名〕 =かみとけ神解

霊異記810‐824)上「霹靂(カミトキ)に当り(くすのき)有り国会図書館訓釈 霹靂 二合可美止支乃〉」


かみ‐とけ【神解・霹靂】

〔名〕 (「(かみ)解け」の意) 雷が落ちること。落雷かんときかんとけかみとき。〔十巻本和名抄(934頃)〕


霹靂

読み方:カムトケ(kamutoke)

落雷


霹靂

読み方:ヘキレキ(hekireki)

落ちること。


霹靂

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/08 08:31 UTC 版)

霹靂」(へきれき)は、日本のバンドBRAHMANの4枚目のシングルである。2011年9月7日発売。発売元はトイズファクトリー




「霹靂」の続きの解説一覧

霹靂

出典:『Wiktionary』 (2017/01/29 13:26 UTC 版)

名詞

霹 靂へきれき

  1. かみなり

発音

へ↗きれき

関連語




霹靂と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「霹靂」の関連用語

霹靂のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



霹靂のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの霹靂 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの霹靂 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS