実験者効果とは? わかりやすく解説

実験者効果

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/01/19 02:45 UTC 版)

実験者効果英語: experimenter effect)とは、実験者が意図せずに被験者の行動に及ぼす実験統制外の影響のこと。




「実験者効果」の続きの解説一覧

実験者効果

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/08 09:16 UTC 版)

超心理学」の記事における「実験者効果」の解説

全く同一の実験であっても実験者がだれであるかにより結果違いが出ることがある。これを実験者効果と呼ぶ。「ヤギ・羊効果」は被験者側の信念影響する例であるが、実験者側の信念実験影響することが広く知られている懐疑論者リチャード・ワイズマン超心理学者のマリリン・シュリッツが実験者効果を調べ実験行ったところ、全く同じ条件実験であるに関わらずシュリッツが行った実験のみに優位な結果得られた。ガートルード・シュマイドラーの実験では「独善的冷たく自信過剰」な印象実験者結果失敗しすいとい結果出た。また実験者の妻が入院している期間の著しくスコアが低いという結果出た実験なども見られる

※この「実験者効果」の解説は、「超心理学」の解説の一部です。
「実験者効果」を含む「超心理学」の記事については、「超心理学」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「実験者効果」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「実験者効果」の関連用語

実験者効果のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



実験者効果のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの実験者効果 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの超心理学 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2023 GRAS Group, Inc.RSS