1951年のメジャーリーグベースボールとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 1951年のメジャーリーグベースボールの意味・解説 

1951年のメジャーリーグベースボール

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/18 21:43 UTC 版)

以下は、メジャーリーグベースボール(MLB)における1951年のできごとを記す。




  1. ^ 『誇り高き大リーガー』(八木一郎 著)では第1試合だが、『野球は言葉のスポーツ』(伊東一雄・馬立勝 著)では第2試合と述べており、第1試合と第2試合の間でのアトラクションにエディ・ゲーデルが参加していたと記しているが、『誇り高き大リーガー』にはその記述は無い。 
  2. ^ 『誇り高き大リーガー』では1m2センチで、『野球は言葉のスポーツ』では1m9センチ(3フィート7インチ)と記している。
  3. ^ 『誇り高き大リーガー』ではボッブ・ケインと表記され、『野球は言葉のスポーツ』ではボビー・ケインと表記している。
  4. ^ 後にケイン投手は「ゲーデルにストライクを投げるには針の穴を通す制球力(ピンホール・コントロール)以上の技術が必要だ」と語っている。『野球は言葉のスポーツ』≪ハンディに負けず≫ 111P参照 
  5. ^ この時は、まだコミッショナーに就任する直前で、フリックコミッショナーと表記するのは誤りでまだリーグ会長である。フリックが正式にコミッショナーに就任したのは10月16日である。『アメリカ・プロ野球史』153P参照


「1951年のメジャーリーグベースボール」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「1951年のメジャーリーグベースボール」の関連用語

1951年のメジャーリーグベースボールのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



1951年のメジャーリーグベースボールのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの1951年のメジャーリーグベースボール (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS