ブルーシートとは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 農業 > シート > ブルーシートの意味・解説 

ブルーシート

青い色の合成樹脂シート。主に、工事現場などで使われる資材のことを指す。もともとは、水や埃などを防ぐ用途に作られたものだが、日常生活では、花見の際に敷物として使われることが多い。

ブルーシート

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/05/03 04:15 UTC 版)

ブルーシートとは、ポリエチレンなどの合成樹脂製のシートのこと。ほとんどの汎用品は青色である[1]ことから、この呼び名が一般化した。ただし、これはいわゆる和製英語で、アメリカでは"tarp"(タープ、"tarpaulin"の略)と呼ばれる。


  1. ^ 一部緑やオレンジのシートも流通している。
  2. ^ 第39期 中間事業報告書 (PDF)”. 萩原工業株式会社. 2007年11月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月19日閲覧。
  3. ^ その後、オレンジ色顔料カドミウム含有説は否定されている。
  4. ^ ブルーシート なぜ青に?:もの知り百科:暮らし 社会:関西発”. 読売新聞. 2008年4月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2016年4月19日閲覧。


「ブルーシート」の続きの解説一覧



ブルーシートと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ブルーシート」の関連用語

ブルーシートのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ブルーシートのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのブルーシート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS