街の野獣とは?

街の野獣

原題:
製作国:日本
製作年:1946
配給:
スタッフ
演出:小坂哲人 
原作:長沖一 ナガオキハイジメ
脚色:柳川真一 ヤナガワシンイチ
構成:井上金太郎 イノウエキンタロウ
企画:中野泰介 
撮影:服部幹夫 ハットリミキオ
キャスト(役名
佐分利信 サブリシン (渋谷徹)
水島道太郎 ミズシマミチタロウ (弟竜吉)
松浦築枝 マツウラツキエ (母直)
藤輪欣司 フジワキンジ (内村和尚
斎藤達雄 サイトウタツオ (馬淵三)
空あけみ ソラアケミ (内村ミチ子)
月丘夢路 ツキオカユメジ (白木マスミ
保瀬英二郎  (中村広吉)
葉山正雄 ハヤママサオ (吉本正三)
加賀邦男 カガクニオ (佐藤一男)
槙芙佐子 マキフサコ (一男女房
解説
休養中だった小坂哲人演出作品
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
夜となく昼となく疾駆する京阪国道トラックの群、そのトラック一つ、斎木産業発送見返り物資の絹製品満載したトラックある日強盗団のために襲われた。ところが時を移さず活動開始した検察陣に未だ何等の手がかりも得られない。新任若き検事渋谷徹はこの事件背後に大がかりなギャング団伏在しているのを看破ると、断乎彼等撲滅決意する。だが、渋谷には復員間もなく自暴自棄になって家を飛び出して、今ではかなり闇師の間で顔役となっている弟竜吉がある。ある日渋谷検事資本家であり、政界ボスである斎木産業社長斎木の行動不審抱き、斎木の用心棒如く付き添っている馬淵三の行動詳細監視した結果、実は斎木と共謀している馬淵がこの重大事件の首謀者であることを突き止める。かくて盗まれた尨大物資は馬淵の手から闇師の手へと次々張りめぐらされ網の目ルート流れて行くのであった。皮肉にも斎木の一味に加わって闇師に転落していた竜吉は兄の徹が検挙ようとする斎木や馬淵の犯行偽り証言によって妨害する。一方竜吉に惚れ込んでいる酒場マダム白木マスミは実は斎木の囲い者嫉妬した斎木は、始め竜吉を片腕如く信頼していたものの、次第邪魔者視するようになって来た。悲境陥った竜吉の胸にって来るものは、やさしい母親の姿であり、愛情に充ちた兄の徹のことであり、また竜吉を心からもてなしてくれるミチ子のことであった。すると勃然と竜吉の胸に彼等ギャング仲間醜行対す憎悪燃え上がって来た。かくて竜吉は敢然、斎木一味悪徳暴露決意する。だが、これは竜吉自身の死を意味していた。マダム内報得て渋谷検事厳粛面持ちで、今やこの民衆の敵であり竜吉を死に至らしめた悪徳ギャング団一味に対して徹底的掃滅決意して勇躍上るのであった。

街の野獣

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/03/27 12:46 UTC 版)

街の野獣』(まちのやじゅう、Night and the City)は、ジェラルド・カーシュ1938年小説Night and the City』を原作とし、1950年に公開されたイギリスフィルム・ノワール


  1. ^ クレジットなし。Night and the City (1950) - Full cast and crew (英語). IMDb. 2012年4月26日閲覧。
  2. ^ Stanislaus Zbyszko(1879–1967) ポーランド出身で、1920年代アメリカで人気のあったプロレスラー
  3. ^ Mike Mazurki(1907-1990) オーストリア(現在のウクライナ)出身のアメリカの俳優兼プロレスラー。
  4. ^ Kenneth Richmond(1926-2006) イギリスレスリング選手でヘルシンキオリンピック1952年)の銅メダリスト


「街の野獣」の続きの解説一覧





固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「街の野獣」の関連用語

街の野獣のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



街の野獣のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの街の野獣 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS