SWSとは?

sws

【仮名】sws
原文】SWS

スタージ-ウェーバー症候群。脳、皮膚、眼に障害引き起こすまれな先天性疾患顔面三叉神経と脳の髄膜(脳を覆っている膜)において血管異常増殖が起こる。この血管異常増殖によって、赤ないし紫色皮膚の変色ポートワイン母斑呼ばれることがある)が通常顔面片側に生じてくるほか、痙攣発作学習障害緑内障なども生じてくる可能性もある。「sturge-weber syndromeスタージ-ウェーバー症候群)」とも呼ばれる

SWS

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/19 04:14 UTC 版)

SWS(エス・ダブリュー・エス)、スーパー・ワールド・スポーツSuper World Sport)は、かつて存在した日本プロレス団体


  1. ^ a b c d e 『週刊プロレス SUPECIAL』日本プロレス事件史 Vol.8 移籍・引き抜き興行戦争 pp22 - 27 「SWSに走った天龍は、全日本から選手を引き抜いたのか?」(文:小佐野景浩
  2. ^ 『SWSプロレス激闘史』pp085
  3. ^ a b c スポーツアルバムN0.52 天龍源一郎引退記念特別号 上巻 pp64 - 66 「悲憤のSと一筋の光明」
  4. ^ a b 『SWSプロレス激闘史』pp023 - 047 「SWS激闘クロニクル1990-1992」
  5. ^ 『SWSプロレス激闘史』pp006 - 011 『恐龍怒闘 天龍源一郎が苦境に抗い続けた「SWSの2年間」』
  6. ^ a b c d e f g 『SWSプロレス激闘史』pp110 - 111 「SWS激闘史年表」
  7. ^ スポーツアルバムN0.54 天龍源一郎引退記念特別号 下巻 (2015年、ベースボール・マガジン社 ISBN 978-4-583-62309-2) pp18 - 19
  8. ^ 『俺たちのプロレス VOL.10、証言5・天龍源一郎「円満退社はなぜバッシングを浴びたのか? 全日本復帰の舞台裏とは?」』(2018年、双葉社)P48
  9. ^ 『SWSプロレス激闘史』pp084
  10. ^ 『SWSプロレス激闘史』pp086 - 91 「検証!SWS×週プロ」
  11. ^ a b c d e f g スポーツアルバムN0.52 天龍源一郎引退記念特別号 上巻 pp68 - 70 「Sと週プロ。 一体なにがあったのか」(文:安西伸一) ※pp70には『週刊プロレススペシャル3』のSWS関連インタビューの一部再括がある
  12. ^ 元プロレス雑誌編集長が告白「馬場から裏金をもらっていた」 Sports Watch 2010年06月18日
  13. ^ 『金権編集長 ザンゲ録』(宝島社)
  14. ^ a b c d e f 『週刊プロレス SUPECIAL』日本プロレス事件史 Vol.12 移籍・引き抜き興行戦争P52 - 57 「SWSの理想と現実」(文:小佐野景浩)
  15. ^ 『SWSの幻想と実像』117Pより
  16. ^ 桜田一男『ケンドー・ナガサキ自伝』、pp.224
  17. ^ 『SWSプロレス激闘史』pp061
  18. ^ 『SWSプロレス激闘史』pp102
  19. ^ 桜田一男『ケンドー・ナガサキ自伝』、pp.224
  20. ^ 『SWSプロレス激闘史』 pp056 - 062 「SWS日本人選手名鑑1990-1992」
  21. ^ 『SWSプロレス激闘史』pp101
  22. ^ 『SWSプロレス激闘史』pp063 - 071「SWSマットを席巻した外国人レスラー列伝」






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「SWS」の関連用語

SWSのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



SWSのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2021 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのSWS (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS