アゴとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 難読語辞典 > アゴの意味・解説 

飛魚

読み方:アゴ(ago

トビウオ異名


トビウオ

学名Cypselurus agoo 英名:Flying fish
地方名:アゴ 
脊椎動物門硬骨魚綱ダツ目トビウオ科
色 形 長崎・日本・世界 住みか 3D 料理

※出典:長崎県水産部ホームページ

特徴
体とひれにはっきりとした斑紋がなく、翼としての役割をもつ胸びれ長く、腹びれも大きく、翼としての役目をする。尾びれ下方上方部分より著しく長く、この部分水面打っ推進力をつける。飛距離50400mである。初夏日本沿岸出現する。秋に南下し、付着糸のある卵を海藻産み付ける1年成熟し、産卵後に死ぬ。

分布:南日本台湾東部沿岸 大きさ:35cm
漁法:刺し網 食べ方:惣菜物、塩乾

アゴ(あご)

アゴ

主として九州長崎県でとれるトビウオをこう呼ぶ。
焼き干しにしてダシとして使用する。さっぱりとしてコクがあり、しかもエレガント和風ダシがよく出る。正月雑煮ダシとしても、使われることが多い。

※「ラーメン用語辞典」の内容は、2013年時点の情報となっております。

アゴ

名前 Ago

アゴ

読み方:あご

  1. 窃盗又ハ掏摸仕事カ暇ナルコトヲ云フ。〔第一類 言語及ヒ動作之部・東京府
  2. 掏摸仕事暇々になること。〔掏摸

分類 掏摸東京府

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

安居

読み方:アゴ(ago

所在 茨城県笠間市


安居

読み方:アゴ(ago

所在 静岡県静岡市駿河区


安居

読み方:アゴ(ago

所在 和歌山県西牟婁郡白浜町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

あご

(アゴ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/25 04:59 UTC 版)

Jump to navigation Jump to search

あごアゴ

関連項目

  • AGO(曖昧さ回避)





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「アゴ」に関係したコラム

  • FXのチャート分析ソフトMT4のAlligatorの見方

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)のAlligatorの見方を解説します。Alligator(アリゲーター)は、移動平均線を応用したテクニカル指標です。

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「アゴ」の関連用語

アゴのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



アゴのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
長崎県水産部長崎県水産部
Copyright © Nagasaki Pref. Japan.
ぐるなびぐるなび
Copyright(C)1996-2018 GOURMET NAVIGATOR INC. All rights reserved.
ぐるなびラーメン用語辞典
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2018 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのあご (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS