頭打ちとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 成句の検索 > 慣用句 > 身体 > > 頭打ちの意味・解説 

頭打ち

読み方:あたまうち

頭打ちとは、頭打ちの意味

頭打ち(あたまうち)とは、上昇続けていたもの上昇限界迎えてそれ以上に上がらなくなった状態のこと。音楽用語としては「リズムの1拍目」を指す語。

頭打ちの使い方

「頭打ち」は、「上昇限界迎えたという意味幅広く使えるが、とりわけ相場取引価格」や「成長性分析用い指標のような上昇成長よしとする数値上限達した(らしい)という状況指して用いられることが多い。もちろん数値化難し抽象的な物事についても「頭打ち」と表現することはできる。

頭打ちの類語と使い分け

「頭打ち」の類義語類似表現としては「伸び悩み」「横這い」やなどが挙げられるいずれも上昇続けていたもの上昇しなくなった状況を指す語として使える大抵の場合そのまま置き換えて問題ない。 「伸び悩み」や「横這い」には、「ここが限界である」というニュアンス希薄である今は停滞しているが、再び上昇するかもしれない、という可能性否定しない表現といえる。「頭打ち」には「ここが限界だろう」というニュアンス意識される表現である。むしろ「ここから下落転じる」というニュアンスすら含む。もちろん現実には「頭打ち」と評価されてから再上昇転じる場合多々ある

頭打ちの語源

「頭打ち」という表現そのものが、もともと金融の専門用語だったかどうかは定かでないが、少なくとも「金融分野用語として定着し一般に浸透した表現考えられている。「頭」も「相場天井部分」を指す意味がある。「打つ」は「(いきおいよく)ぶつかる」意味合い解釈できる

頭打ちのよくある間違い

それ以上良くなることがない状態を表す場合、頭打ちは名詞となる。そのため「頭打ちである」「頭打ち状態になる」といった使い方正しい。そして、動詞として使ってしまった場合は、物理的に頭を打ったという意味となる。また、原則として自発的になる状態ではないため、主観的な使い方もしないしたがって「頭打ちをした」「頭打ちを止める」といった表現間違いである。もちろん専門用語として使用するであれば問題はないが、それ以外は耳にした人が違和感を抱くだろう

あたま‐うち【頭打ち】

読み方:あたまうち

物事限界達してこれ以上は向上しえない状態になること。「生産量が—になる」

上昇続けてきた相場が、それ以上上がらなくなること。


頭打ち

相場株価)が、そろそろ伸び悩んできた状態のこと。
頭打ちには、上昇途上でもみあい株価が同水準行ったり来たりすること)に入った場合の頭打ちと、相場大天井をつけた場合の頭打ちとがあります。頭打ちとなったの場合、どちらなのかを判別する必要がありますが、その手段の1つケイ線を用いることがあります勢いよく株価値上りし、そこから先はこれまでのような動きなくなった時などは「頭打ち」と表現されそれ以上の上昇期待できなくなります。しかし、時には「頭打ち」と判断されたものでも、新たに買い材料などが出てきた場合には、再び上昇局面突入することもあります。

頭打ち(あたまうち)

価格の上昇が止まることをいいます

「頭打ち」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



頭打ちと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

頭打ちのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



頭打ちのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ダウ・ジョーンズダウ・ジョーンズ
Copyright © 2022 Dow Jones & Company, Inc. All Rights Reserved.
日本ユニコム日本ユニコム
Copyright(C) 2022 NIHON UNICOM CORPORATION All Rights Reserved.
日本ユニコム商品先物取引用語集
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS