青年団とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 国語辞典 > 青年団の意味・解説 

せい ねんだん [3] 【青年団】

一定の地域に住む青年によって組織された自治団体第二次大戦前は国家統制のもとにおかれたが、戦後自主的団体としてレクリエーション社会奉仕などの地域活動を行なっている。

青年団

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/09/24 04:19 UTC 版)

青年団(せいねんだん)とは、日本の各地域ごとに居住する20歳代から30歳代の青年男女により組織される団体で青年会(せいねんかい)とも言う。社会教育系の青年団体の全国組織として、日本青年団協議会日本都市青年会議がある。


  1. ^ 青年団ブリタニカ国際大百科事典
  2. ^ 大串隆吉、「戦時体制下日本青年団の国際連携 : ヒトラー・ユーゲントと朝鮮連合青年団の間(2)」『人文学報. 教育学』 1997年 32号 p.1-36, 首都大学東京
  3. ^ 宮崎聖子著, 『植民地期台湾における青年団と地域の変容』, 御茶の水書房, 2008年3月牧野篤、日本の教育史学 : 教育史学会紀要 52, 192-195, 2009-10-01
  4. ^ 飯高伸五、「〈趣旨説明〉旧南洋群島における日本統治経験 文化的同化政策と現地住民」『日本文化人類学会研究大会発表要旨集」 日本文化人類学会第43回研究大会 セッションID: H-4, 2009(0), 211-211, Template:10.14890/jasca.2009.0.211.0, 日本文化人類学会
  5. ^ 飯高伸五、「年齢集団と青年団の節合:パラオ人の経験の次元からみた勤労奉仕」『日本文化人類学会研究大会発表要旨集』日本文化人類学会第43回研究大会 セッションID: H-7, 2009(0), 211-211, 2009, doi:10.14890/jasca.2009.0.214.0
  6. ^ 黒崎岳大、「憧憬としての青年団:マーシャル社会における「クミ」組織の形成と限界」『日本文化人類学会研究大会発表要旨集』日本文化人類学会第43回研究大会 セッションID:H-6, 2009(0), 213-213, 2009


「青年団」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「青年団」の関連用語

青年団のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



青年団のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの青年団 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS