きゅうとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 高等数学 > 数学用語 > きゅうの意味・解説 

きゅう

[副]

強くこすったりねじったりするときの、きしる音を表す語。「コルク栓(せん)が—と音をたてて抜ける」

軽く力を入れて締めたりねじったりこすったりするさま。「はちまきを—と締める」

冷や酒などを一気に飲むさま。「コップ酒を—と空ける」


きゅう【丘】

読み方:きゅう

常用漢字] [音]キュウキウ)(漢) ク(呉) [訓]おか

小高い山。おか。「丘陵円丘砂丘段丘火口丘

土を盛った墓。「丘墳」

名のり]お・たか・たかし

難読比丘(びく)


きゅう【久】

読み方:きゅう

[音]キュウキウ)(漢) (呉) [訓]ひさしい

学習漢字5年

[一]キュウ時間長いひさしい。「久闊(きゅうかつ)/永久恒久持久耐久長久悠久

[二]〈ク〉[一]に同じ。「久遠(くおん)」

名のり]つね・なが・ひこ・ひさ・ひさし

難読永久(とこしえとこしなえ)


きゅう【九】

読み方:きゅう

[音]キュウキウ)(漢) (呉) [訓]ここの ここのつ

学習漢字1年

[一]キュウ

数の名。ここのつ。「九回九経九卿(きゅうけい)/重九(ちょうきゅう)」

数の多いこと。「九重(きゅうちょう)・九死一生三拝九拝

[二]〈ク〉[一]に同じ。「九月九九(くく)・九分九厘三三九度

[三]〈ここの〉「九重九日

名のり]かず・ただ・ちか・ちかし・ひさ

難読九年母(くねんぼ)・九十(ここのそじ)・九十九髪(つくもがみ)・九十九折(つづらお)り


きゅう〔キウ〕【九】

読み方:きゅう

数の名。8の次、10前の数。ここのつ。く。

9番目第9

[補説] 金銭証書などで、間違いを防ぐために「玖」を用いことがある


きゅう【×仇】

読み方:きゅう

[音]キュウキウ)(漢) [訓]あだ あた あだする

憎らし相手。あだ。「仇怨(きゅうえん)・仇敵復仇報仇

(「逑」と通用仲間連れ合い。「好仇


きゅう【休】

読み方:きゅう

[音]キュウキウ)(漢) [訓]やすむ やすまる やすめる いこう

学習漢字1年

仕事をやめて心身をやすめる。やすむ。「休暇休憩休日休息休養帰休定休不休

活動一定期間停止する。やめる。「休会休刊休講休止休戦休火山遊休閑話休題

喜ばしい。しあわせ。「休祥休戚(きゅうせき)」

休暇」「休日」の略。「産休連休

名のり]たね・のぶ・やす・やすし・よし


きゅう【×厩】

読み方:きゅう

人名用漢字] [音]キュウキウ)(漢) [訓]うまや

馬を飼う小屋。うまや。「厩舎厩肥典厩


きゅう【及】

読み方:きゅう

常用漢字] [音]キュウキフ)(漢) [訓]およぶ および およぼす

ある線まで追いつく。ある範囲まで届く。「及第及落企及言及溯及(そきゅう)・追及波及普及論及過不及

名のり]いたる・しき・たか・ちか

難読埃及(エジプト)


きゅう【吸】

読み方:きゅう

[音]キュウキフ)(漢) [訓]すう

学習漢字6年

息や液体などをすいこむ。「吸引吸気吸血吸収吸入呼吸

すいつく。「吸着吸盤


きゅう【×咎】

読み方:きゅう

[音]キュウキウ)(漢) [訓]とがめる とが

とがめる。とが。「咎徴罪咎


きゅう【嗅】

読み方:きゅう

常用漢字] [音]キュウキウ)(漢) [訓]かぐ

においをかぐ。「嗅覚嗅神経


きゅう【宮】

読み方:きゅう

[音]キュウ(漢) グウ(慣) (呉) [訓]みや

学習漢字3年

[一]キュウ

王などの住む大きな建物。「宮城宮中宮廷宮殿王宮月宮後宮迷宮離宮

五刑の一。生殖機能を奪う刑罰。「宮刑

天球区分。「十二宮

[二]グウ

王などの住む建物。「行宮(あんぐう)・東宮竜宮

神社。「宮司(ぐうじ)/参宮神宮遷宮

[三]〈ク〉皇居。「宮内

[四]〈みや〉「宮家宮様大宮仮宮若宮

名のり]いえ・たか

難読外宮(げくう)・春宮(とうぐう)・内宮(ないくう)・守宮(やもり)


きゅう【宮】

読み方:きゅう

宮殿

中国・日本音楽階名の一。五声基音となる第1音

宮刑」の略。

黄道(こうどう)を30度ずつ12区分したそれぞれの部分。「白羊—」


きゅう【弓】

読み方:きゅう

[音]キュウ(漢) [訓]ゆみ

学習漢字2年

[一]キュウ

ゆみ。「弓術弓状弓道強弓(ごうきゅう)・大弓半弓洋弓

弓の形をしたもの。「胡弓(こきゅう)」

[二]〈ゆみ〉「弓矢石弓真弓破魔弓

名のり]ゆ

難読弓場(ゆば)・弓筈(ゆはず・ゆみはず)・弓勢(ゆんぜい)・弓手(ゆんで)


きゅう【弓】

読み方:きゅう

ゆみ。

中国古代長さの単位

弓術で的までの距離をはかる単位。1弓は6尺

土地測量単位。1弓は8尺。


きゅう【急】

読み方:きゅう

[音]キュウキフ)(呉)(漢) [訓]いそぐ せく

学習漢字3年

進行せかせかと速い。いそぐ。「急行急進・急速・急流/早急・至急性急

事態さし迫っている。「急迫急務急用応急火急危急救急・緊急・不急

にわかに。突然。「急遽(きゅうきょ)・急激・急死急転急病急変短兵急

傾斜の度が大きい。「急峻(きゅうしゅん)・急坂

急行」の略。「準急特急

難読急度(きっと)


きゅう〔キフ〕【急】

読み方:きゅう

【一】[名]

切迫した事態また、突然の変事。「風雲—を告げる」「国家の—を救う」「—を知らせる」

急いですること。「—を要する仕事

舞楽や能などで、1曲全体または1曲中の舞などを序・破・急三つ分けた場合その最後部分。→序破急

【二】形動[文]ナリ

切迫したさま。急いで対処しなければならないさま。「—な事態

物事前触れなく突然に起こるさま。にわか。だしぬけ。「—に降りだす」「—な腹痛

気短なさま。性急。「新奇求めるのに—なあまり」

手を緩めきびしいさま。「追撃はなはだ—だ」

速度調子速いさま。「脈拍が—になる」「—な流れ

傾斜などが大きいさま。「—な坂」


きゅう【救】

読み方:きゅう

[音]キュウキウ)(漢) ク(呉) [訓]すくう

学習漢字5年

危険や災害からすくい出す。「救援救急救護救済救出救助救難救命

名のり]すけ・たすく・なり・ひら・やす


きゅう【旧〔舊〕】

読み方:きゅう

[音]キュウキウ)(漢) ク(慣) [訓]ふるい もと

学習漢字5年

現在まで年月を経てきている。昔からの。「旧家旧式旧態旧弊新旧

年が改まる前の。「旧冬旧年旧臘(きゅうろう)」

以前の状態。もと。「旧姓懐旧守旧倍旧復旧

昔なじみ。「旧知故旧

陰暦。「旧盆旧正月

名のり]ひさ・ふさ・ふる


きゅう〔キウ〕【旧】

読み方:きゅう

古いこと。古い物事。「—を捨て新につく」⇔新。

昔。以前。もと。「—に倍するお引き立て」「—に復する

旧暦」の略。「—の正月」⇔新。

名詞に付いて接頭語的に用い、古い、もとの、かつての、などの意を表す。「—制度」「—街道」「—ソ連


きゅう【朽】

読み方:きゅう

常用漢字] [音]キュウキウ)(漢) [訓]くちる

腐ってぼろぼろになる。衰えてだめになる。「朽木不朽腐朽老朽


きゅう【×柩】

読み方:きゅう

[音]キュウキウ)(漢) [訓]ひつぎ

死体納める箱。棺桶。「柩車霊柩


きゅう【×毬】

読み方:きゅう

人名用漢字] [音]キュウキウ)(漢) [訓]まり いが

[一]キュウ〉まり。「打毬

[二]〈いが〉とげのある外皮。「毬栗(いがぐり)」

難読毬杖(ぎっちょう)・毬打(ぎっちょう)・松毬(まつかさ)・毬藻(まりも)


きゅう【求】

読み方:きゅう

[音]キュウキウ)(漢) グ(呉) [訓]もとめる

学習漢字4年

[一]キュウ

もとめる。「求愛求刑求職求道希求請求探求追求要求欲求

中心に向かう。「求心力

[二]〈グ〉仏法願いもとめる。「求道求法欣求(ごんぐ)」

名のり]ひで・まさ・もと・もとむ

難読求肥(ぎゅうひ)

「求」に似た言葉

きゅう【×汲】

読み方:きゅう

人名用漢字] [音]キュウキフ)(漢) [訓]くむ

くみ上げる。「汲水

忙しく動き回るさま。「汲汲


きゅう【泣】

読み方:きゅう

[音]キュウキフ)(呉)(漢) [訓]なく

学習漢字4年

涙を流す。なく。「泣訴感泣号泣涕泣(ていきゅう)・悲泣

なみだ。「垂泣」


きゅう【×灸】

読み方:きゅう

人名用漢字] [音]キュウキウ)(漢) [訓]やいと

漢方療法の一。やいと。「灸治灸術灸点温灸鍼灸(しんきゅう)」


きゅう〔キウ〕【×灸】

読み方:きゅう

漢方医術の一。もぐさをつぼに当たる皮膚の特定の位置据え線香で火をつけて燃やし、その熱の刺激病気に対する治癒力促進する療法。やいと。


きゅう【×玖】

読み方:きゅう

人名用漢字] [音]キュウキウ)(漢) ク(呉)

美し黒色の石。

数字の「九」の代用

名のり]き・たま・ひさ


きゅう【球】

読み方:きゅう

[音]キュウキウ)(漢) [訓]たま

学習漢字3年

まるい形のもの。「球形球根球体眼球気球血球結球地球天球電球

まり。ボールまた、ボール用い競技。「球威球技球戯硬球蹴球送球速球卓球庭球捕球野球

野球。「球界球場球団


きゅう〔キウ〕【球】

読み方:きゅう

丸いもの。たま。

空間一定点か一定の距離にある点の軌跡。その定点を球の中心一定距離を球の半径という。


きゅう【究】

読み方:きゅう

[音]キュウキウ)(漢) ク(呉) [訓]きわめる

学習漢字3年

真理本質をつかむため、これ以上行けないところまで推し進める。「究明究理学究研究攻究考究探究追究討究論究

これ以上行けないところ。「究極究竟(きゅうきょう)」

名のり]さた・すみ

難読究竟(くきょう)・究竟(くっきょう)


きゅう【窮】

読み方:きゅう

常用漢字] [音]キュウ(漢) [訓]きわめる きわまる

奥深くまで行きつくす。つきつめるきわめる。「窮極窮理無窮

にっちもさっちもいかなくなる。動きがとれないきわまる。「窮屈・窮状窮鼠(きゅうそ)・窮地窮乏窮余困窮貧窮

名のり]み


きゅう【×笈】

読み方:きゅう

人名用漢字] [音]キュウキフ)(漢) [訓]おい

荷物書籍入れて背負竹製の箱。「書笈負笈(ふきゅう)」


きゅう〔キフ〕【×笈】

読み方:きゅう

本を入れて背負う箱。

「おい(笈)」に同じ。


きゅう【糾】

読み方:きゅう

常用漢字] [音]キュウキウ)(漢) [訓]あざなう ただす

なわをより合わせる

一つ寄せ集める。「糾合

からまってねじれるよじれる。「紛糾

問いただして調べる。「糾弾糾明糾問

[補説] 「糺」は異体字

名のりただ・ただ


きゅう【級】

読み方:きゅう

[音]キュウキフ)(呉)(漢) [訓]しな

学習漢字3年

一段一段区切られ順序。「下級階級・高級・初級昇級上級進級低級等級特級

学校クラス。組。「級長級友学級原級同級

うちとった首。「首級


きゅう〔キフ〕【級】

読み方:きゅう

【一】[名]

物事上下地位段階分け区切り階級等級。「柔道の—が上がる

学校で同一の学年また、学級。組。クラス。「彼はぼくより一つ—が上だ」

写真植字の文字大きさ単位一級4分の1ミリ

【二】接尾

名詞に付いてその程度であることを表す。「国宝—の重要文化財

珠算柔・剣道など、技能段階に応じて免許状発行するようなものについて、その程度段階などを表すのに用いる。「珠算三—」「二—整備士

軍艦自衛隊艦船における同型艦まとまりを表す。一般に、その級で最初に建造された艦の名を冠する。「超弩—」「ニミッツ航空母艦

助数詞

学校で学級数えるのに用いる。「一学年を五—に分ける」

階段一つ一つ数えるのに用いる。

入口石段二三上ると」〈芥川仙人


きゅう【給】

読み方:きゅう

[音]キュウキフ)(呉)(漢) [訓]たまう

学習漢字4年

あてがって足りるようにする。「給水給油供給自給需給配給補給

金品下し与える。たまう。「給食給付給与・給料官給支給発給

手当て給料。「恩給月給減給高給昇給日給薄給俸給無給

世話をする。「給仕女給

名のり]たり・はる


きゅう【臼】

読み方:きゅう

常用漢字] [音]キュウキウ)(漢) [訓]うす

[一]キュウ

うす。「臼状杵臼(しょきゅう)」

うすの形をしたもの。「臼歯脱臼

[二]〈うす〉「石臼茶臼


きゅう【×舅】

読み方:きゅう

[音]キュウキウ)(漢) [訓]しゅうと

おじ。母親兄弟。「舅父」

しゅうと。「舅姑(きゅうこ)/外舅


きゅう【×裘】

読み方:きゅう

[音]キュウキウ)(漢) [訓]かわごろも

毛皮作った衣服皮ごろも。「裘葛(きゅうかつ)/狐裘(こきゅう)」


きゅう【×赳】

読み方:きゅう

人名用漢字] [音]キュウキウ)(漢)

たけくたくましく進むさま。強く勇ましい。「赳赳」

名のり]たけ・たけし


きゅう【×躬】

読み方:きゅう

[音]キュウ(漢) [訓]み みずから

み。からだ。「鞠躬如(きっきゅうじょ)」

みずから。自分で。「実践躬行

名のり]ちか・なお・みる・もと


きゅう【×鳩】

読み方:きゅう

人名用漢字] [音]キュウキウ)(漢) [訓]はと

[一]キュウ

ハト。「鳩舎

あつまる。あつめる。「鳩合鳩首

[二]〈はと(ばと)〉「鳩笛山鳩

難読斑鳩(いかる)・斑鳩(いかるが)・鳩尾(みぞおち)

「鳩」に似た言葉

読み方:きゅう

  1. 紙店の通り符牒にして五といふ数量をいふ。通り符牒を参照せよ。(※巻末通り符牒参照)〔符牒
  2. 五。〔紙屋

分類 符牒紙屋


読み方:きゅう

  1. きわの条を見よ。〔符牒
  2. 薬店砂糖店及び絵具の通り符牒にしてすべて九といふ数量を表す。通り符牒を参照せよ。(※巻末通り符牒参照)〔符牒
  3. 荒物店・履物店及び畳屋の通り符牒にしてすべて九といふ数量を表す。通り符牒を参照せよ。(※巻末通り符牒参照)〔符牒

分類 符牒


読み方:きゅう,きわ

  1. 数量ノ九。〔第七類 雑纂
  2. 九の事をいふ。一般の通り符牒にも用ふ。〔犯罪語〕
  3. 酒屋魚屋青物荒物履物畳屋車夫芸人理髪業者等の符牒にして九といふ数量を表す。九は十の数に達する「まぎわ」の数であるからいつたものである通り符牒を参照せよ(※巻末通り符牒参照)。「きう」又は「すけ」ともいふ。〔符牒
  4. 〔的・不・花〕数の九のこと、「ガケ」「アブナイ」に同じ。
  5. 数量九の意。
  6. 九。
  7. 芸人用語。九のこと。十になる際の意。
  8. 数字の九。つまり十のきわだという洒落。〔芸能寄席落語)〕
  9. 九。〔生魚商〕
  10. 九。〔植木商〕
  11. 九。〔青物商〕
  12. 九。〔酒屋
  13. 九。〔魚屋
  14. 九。〔理髪業職人
  15. 九。〔砂糖絵具屋〕
  16. 九。〔荒物履物畳屋
  17. 九。〔人力馬車船乗
  18. 符牒数字の九、つまり十のキワという意味
  19. 九の数」。十の際(きわ)から出る

分類 せんぽ、人力馬車船乗寄席寄席落語役者植木商、犯罪語、理髪業職人生魚商、的/不/花、符牒芸人芸能荒物履物畳屋砂糖絵具屋、酒屋青物商、魚屋

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方
きゅう

読み方
きゅう

読み方
きゅう

(きゅう から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/10 07:52 UTC 版)

(きゅう、やいと)とは、(もぐさ=ヨモギの葉の産毛を陰干し・精製取得したもの)を皮膚上で部位を選択して燃焼させることによって病態に治療的介入を行う伝統的な代替医療民間療法である。中国医学モンゴル医学チベット医学などで行われる。もぐさ皮膚に乗せて火を点ける方法が標準とされるが、種々の灸法が存在する(#灸法の種類を参考)。現在では燃焼させる代わりにレーザー光線を利用する例もあるが、一般的とは言えない。


  1. ^ 保坂虎重、白水完児、他著『家畜のお灸と民間療法:クスリに頼らず経営改善』、農山漁村文化協会、1997年、pp.30-31,34.



きゅう

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/12 01:42 UTC 版)

Ka na ta」の記事における「きゅう」の解説

2016年東京吉祥寺の、カフェ・キチムにて、かなたのえんげき『きゅう』を実施脚本演出加藤務め出演池田大/Lee Shin/高田静流/吉田カルロス/おかっぺ、など。

※この「きゅう」の解説は、「Ka na ta」の解説の一部です。
「きゅう」を含む「Ka na ta」の記事については、「Ka na ta」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「きゅう」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「きゅう」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



きゅうと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

きゅうのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



きゅうのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
がん情報サイトがん情報サイト
Copyright ©2004-2022 Translational Research Informatics Center. All Rights Reserved.
財団法人先端医療振興財団 臨床研究情報センター
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの灸 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのKa na ta (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS