コルク栓とは?

Weblio 辞書 > 食品 > お酒・飲料事典 > コルク栓の意味・解説 

コルク栓

ワイン熟成には「瓶熟」と呼ばれるプロセスありますワインは、寝かせて、瓶に詰めたあとも、なお低温長く貯蔵する場合が多いのですが、ワイン空気との接触を嫌うため、ボトルの首のところの空間できるだけ狭い方が良いのです。そこで、コルク栓を瓶中打ち込みます。
柔軟性があり、錆の心配がなく、気密性の高いコルクは、ワインボトルの栓に最適です。
ただし最近は、長期間の瓶熟を行わないワイン銘柄も増えてきました。早めに気軽に飲んでいただくこの種のワインには、金属キャップが使われることもあります

(コルク栓 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/24 16:34 UTC 版)

(ふた)は、容器の口など何らかを覆うようにしてふさぐものの総称である。


  1. ^ ペットボトルキャップの切れ込みの存在、知ってますか?(Excite Bit コネタ) - エキサイトニュース
  2. ^ やじうまミニレビュー - ideaco「BOTTLE CAP LAMP」 - 家電Watch 2011年6月6日
  3. ^ 『神社本庁規定類集』神社新報社2001、192頁


「蓋」の続きの解説一覧



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「コルク栓」の関連用語

コルク栓のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



コルク栓のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
サントリーサントリー
COPYRIGHT © 1995-2021 SUNTORY LIMITED. ALL RIGHTS RESERVED.
サントリー株式会社お酒・飲料大事典
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの蓋 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS